「ほっ」と。キャンペーン

地元で有名な「さのや」「菊水軒」に

レトロなものが良いとは限らないし、懐かしさだけではおいしさは計れない。ただ子供のときに食べた味と言うのは、その人間の基本的な味覚基準にはなってしまうだろう。それが原因で「昔懐かしい・・・」シリーズが登場してしまう。でもことさら声高ではなく普通に営業していたら、伝統の店になっていたみたいなのも、風情があって楽しい。地元の人にはお馴染みな2軒に出かけた。日本橋のお好み焼きは独特で、お醤油で食べたりもする。ソースで戴くものも、父は昔「どんどん焼」とか言っていたがそれに似ている。ちょっと関西のおいしいお好み焼きよりは高級感がない。具よりも生地の方にこだわりがある感じの食べ物だ。

ご近所の「さのや」はおいしい。これは普遍的な味だ。まずは日本橋流で「芳町焼き」という「卵とじをお醤油で食べるような」もの(左写真)を、先に戴くのが流儀だそうだ。あっさりしているが確かにうまい。そして普通にぶた天とかヤキソバとかを・・・・とにかくここはソースが甘くてうまいね!!!さすがお江戸だ。でもこの味は絶対関西人でもいけると思う。そしてここの天かすはあの天麩羅屋の「中山」のだ。そりゃうまいはずだよね。またぜひ来たい~。おいしかった!

a0041150_23293094.jpga0041150_2330298.jpga0041150_148372.jpg



















もう1軒はラーメンの「菊水軒」。「太田鮨」で「菊水軒のカツカレーをよく食べるんですよ~」という話を聞いたので、これは行かねばと出かけてみた。「中山」の隣、角の黄色い中華屋さん。「菊水軒」の名前は中山でも前にちらと聞いたが、常連のお年寄りが1階を陣取っていてちょっと入りづらかった。
さらにラーメン屋に行っていきなり「カツカレーを下さい」というのもどうかと思うが(笑)、メニューにはラーメン、チャーハン、餃子等の定番のものの中にオムライス等もあってびっくり。ランチはカツライスだったし無国籍っぽい。カツカレーはボリュームたっぷりだった。カレーにもごろごろ肉が入っているから、見るからに隆起しているではないか~!

私たちの世代だと必ず学校のクラスに、カレーライスにソースをかけて食べるような奴がいた。私はソース好きだが、それはやっておいしいと思ったことはない。しかしここのカレーは、まさにそんなカレー!ちょっとソースでもかけたほうがグッとうまくなる。懐かしい腕白小僧のカレーだった。テーブルにソースが置いてあるところがまたニクイ(笑)。下町カレーとでも言っておこう。

メニューにカレーラーメンがあったのは嬉しい。カレーうどんよりカレーラーメンが好きなのだが、あるようでないカレーラーメンのあるラーメン屋だった。次は餃子とかも食べてみようか?

by masa-hilton | 2006-12-12 01:09 | 趣味&グルメ
<< 水天宮に「キッチン・ジロー」が... 楽しく忙しい2日間 >>