ムジカノーヴァ12月号に執筆原稿が掲載

a0041150_18414660.jpg今、発売中のムジカノーヴァ12月号に執筆しています。今月の特集「音楽するカラダ」の中で、「ピアニストの食生活◇斎藤雅広」というコーナーで書いています。短いですけどね(笑)、執筆したのはあの松山の時です。

しかしピアノの専門誌だから当然だけど、これ見ると本当にピアニストっていっぱいいるんだな(笑)と思いますね。そしてみんなそれぞれに活躍していて。「才能のある子だな」とコンクールで名前を覚えていた子がいつの間にかに実績を重ねて、ちゃんとキャリアにのっていたり。逞しいし、どんどん新しい人が出てきています。僕たちの頃も熾烈な生存競争ではあったけど、今の若い人の競争はもっとハイレベルで激しそうだから、本当に色々と大変だと思う。良く考えて、油断しないで、実力も人間関係も損なわずに、着実にやっていかなければ、ただふるい落されるためだけの人生です。
by masa-hilton | 2006-11-23 04:20 | ニュース
<< のだめカンタービレ あたりまえなんて存在しない? >>