お気に入り!浅草の「アリゾナ・キッチン」へ行く


a0041150_0481489.jpga0041150_0483565.jpga0041150_048554.jpg
昨日は事務的な仕事での打ち合わせ。気晴らしがてらその後は、浅草にある「アリゾナ・キッチン」に出かけた。夜でも人が多い浅草、土曜だったので大のお気に入りの「西村のどら焼」も売り切れていてがっくり。まあ仕方がない。

ここは遊び人の大先輩である永井荷風が常連だったお店。入り口には在りし日の永井荷風先輩(笑)の写真が飾られているし、永井先輩の本の中にもアリゾナのビーフシチューが登場している。今でも充分に雰囲気のある店だから、当時としてはかなりハイカラな感じだったのであろうね。私も実はここがお気に入りなのだが、さすがにここでカレーとかスパゲッティ・ミートソースのようなものまでは食べていない。食べてみたくもあるのよね~。そういう意味では、もっと頻繁に足を運ばねばと思っているお店だ。昼間はカップルも多いが、夜は近所のおじさんたちの社交場のような感もある。浅草らしい店だ。メニューも多いし、前菜として食べるものがみな個性があるのがとても楽しい。

a0041150_0491679.jpga0041150_0493596.jpgまずは定番「生ハムとパルミジャーノのピザ」。普通の生地でもなく、とろりチーズがかかって焼いてあるわけでもない、おつまみ風な一品。最初の一口よりも後から癖になる感じで、どちらかといえば強い味。だから「温かいポテトのサラダ」と一緒に食べると絶品だ。ポテトの上にかかっているのはツナをすりつぶしたムース状のソース。これはうす味なのでピザとよく合う。そして「カニコロッケ」!昔の洋食レストランの味。大好きなメニューだ。蟹もいっぱい入っているが多分皆さんが想像している味とは違う。トマトを主体としたやや酸っぱいソースで頂く。そしてチキンとレバーと玉ねぎをデミグラスソースで煮込む「チキンレバークレオール」。これは永井先輩もよく食べていらしたメニュー。大変おいしい!超満足のいくものだ。とても幸せな気分になれる。さあて、次はいつ来れるのかな(笑)?
by masa-hilton | 2006-12-03 01:10 | 趣味&グルメ
<< 12月7日は茅ヶ崎でのコンサート 「三丁目の夕日」より「二丁目の... >>