銀座で蕎麦を食べるなら

当然迷わず「田中屋」ということになります。「明月庵ぎんざ田中屋」という名称、松屋デパートの中にもありますが、こちらの店で食べた方が良いと思います。エルメスのビルとソニービルの間を新橋に向かって歩いていくとありますね。

きっと探せばおいしい店は山とあるように思いますが、ここに来てしまうのは、有名店だし有名店を感じをさせない落ち着いた雰囲気が良いです。それは客層かもですね。1人もしくは2人で飲みながら刺身や玉子焼等を食べてるおじさんの姿、あれは江戸の蕎麦屋っていう静かな風情です(笑)。銀座で蕎麦を食べる粋な感覚を味わえる、私は好きな店です。だからお料理もおいしい店なんですね。天麩羅もうまい。特に海老よりも季節ものがおすすめです。昨日は天つゆが少なめでしたが、言えば嫌そうな顔をしないで出してくれましたから大丈夫。

蕎麦つゆは江戸前の濃い口系だと思います。もう少し甘くても良いかもしれませんが、このつゆが「甘くて・・・」という人もいますから、蕎麦は難しい。本当の好みは中野の「さらしな」ですが、この田中屋のつゆは充分すぎる許容範囲、特に蕎麦湯であとで戴くときにかなりうまいのです。薬味の山葵も自分でするもの、大根おろしは入れすぎに注意です。

a0041150_1351834.jpga0041150_137265.jpga0041150_1354455.jpg
なんといってもこの店の魅力は蕎麦そのものです。これはかなりうまいと思います。看板に偽りなし。味わい深い立派なそばが、御膳にこれ以上薄くひけない位に少量出てきます(本店はもっと少ないという話)。大盛でなく足らなければ2枚戴くやり方。少ないけど630円は妥当な値段だと思います。昨日は太い海老の天麩羅がついた天せいろ(1890円)に、時期の牡蠣の天麩羅(1470円)を単品で添えて、お蕎麦をおかわりしてもう1枚食べました。4000円弱ですので、やはり高い蕎麦ですね~、銀座だし仕方ないですね。あと「丼もの」はありませんよ。

実はおとといと昨日は連日銀座でした。ただでさえ、うちは土日には周りのおいしい店がみんな閉めてしまうのに、お正月ともなれば尚更なんです。日本橋に出かけるのもいいですが、お正月の銀座、都会の風情も大好きなんです。
by masa-hilton | 2007-01-09 00:19 | 趣味&グルメ
<< 町田市民ホール 再び カイサ・ランタさんのソプラノ・... >>