プチ・近況の報告

以前お知らせしましたソプラノのカイサ・ランタさん、デニア・マッツォーラさんのコンサートがそれぞれ完売になりました。カイサ・ランタさんは今日初めて写真を見ましたが、とってもとっても綺麗な人なんですね!サインの行列が、凄いことになりそうだ(笑)!

a0041150_102844.jpg続くロザンナ・サヴォイヤさん(27日)の曲目は結局来日してからの調整のようです。現在のものにはモーツァルトとショパン、さらにロッシーニの歌曲をピアノソロで弾け~という指示がありました。このコンサートは残券が4枚あるそうです。どうぞよろしくお願いいたします。チェルボンチーニさんもあと2枚です。いや~サヴァイヤさん共々、来日なさるまではちと不安ですね~(笑)。でも歌手はそういうことが多いので、歌曲伴奏は臨機応変こそ命ですね(汗)。

そんな中で、現在来日中のアンドレアス・カラシアクさんは生真面目なドイツ人という感じです。リハーサルも入念で、一日目からもうパーフェクトな状態です。格調高い「水車小屋」をご期待くださいね!それで、とても大きな人でした~。ご自分では「カラシアク」ではなく「カラジアク」と発音されていました。ポーランド系のお名前で、ポーランドなら「カラジャーク」と発音されるらしく、小さなお魚の意味だそうです。リハーサルの後は楽器店に「サックス」を探しに行かれました!趣味で吹くのかなあ?

秋にはこのニューイヤーコンサートで共演させていただいた名指揮者の松尾葉子さんのオファーで、九州でグリーグが再演!なんてありがたく素敵なことでしょう!素晴らしい音楽家の近くにいるだけで、生命の躍動感を感じることが出来て、幸せです。また楽しいひと時を心待ちに。
by masa-hilton | 2007-01-19 01:02 | ニュース
<< 1920年代のピアノ ショックでした!でもあたり前な... >>