「ほっ」と。キャンペーン

たん、たん、たぬきの・・・・

アイリッシュ・タイナンさんは小柄で、とても可愛い人だった。ちょうど古きよき時代のアメリカのホームドラマに出てくるような感じな人。ライザ・ミネリが小ぶりになったような感じもあり、華やかで表情豊かで、全てがフレンドリー。リハーサル当日の朝、12時間かけて来日。体調を考えてほとんど綿密に合わせることなく本番へ。神様が手伝ってくれたかのように、ルバートもピッタリ合った~!めでたしめでたし。

a0041150_0531117.gifさて今回のレパートリーで、コープランドの「アメリカ民謡の採曲集」があったが、その中の「川のほとりで」が、日本ではビッグカメラの歌と言うか(笑)、「たん、たん、たぬきの・・・」というアレだった。楽屋でもその話で盛り上がり、ある人は「たん、たん、たぬきの金時計~」という歌詞だと主張した。または「腹太鼓」だという説も出たが、その人たちはそのあとの歌詞は知らない。「・・・それを見ていた・・・」という歌詞を思い出した人もいたが、それもおぼろげ。くだらないことは思い出せないものである。

a0041150_0531117.gifやはり「たん、たん、たぬきのきん●まは、かぜもないのにブ~ラブラ」が正しいと言うことでやむなく一本化。でもこれに続く歌詞をほとんどの人が知らなかった。このあとは「とうちゃん、いいもの持ってるね~、おまえもあるから、見てごらん」と覚えていたのだが、誰にも納得されずに終わった。おかしいな~。また「そ~れを見ていたブルドック、それにめがけて、噛みついた」というのもあるらしいね(笑)。くわしくはここにある。

そして帰りの電車の中吊り広告に、銀座か浅草のどちらの「松屋デパート」かわからないが、ブランド品のバーゲンの宣伝があった。値段は書いてなかったが、ブルガリの時計とかが安くなっているらしい。この中には有名ブランドのハンドバッグもある。何とこのチラシには、「高級爬虫類バッグ」と書いてあったので思わず笑った。「高級爬虫類」というのも「爬虫類バッグ」というのも、何ともおかしい。もちろん高級はバッグにかかる形容詞だし、確かに「ワニ」や「蛇」で出来ているんだけれどね。「爬虫類製品です」と改まって言われるのもちょっとひく~。どうです?
by masa-hilton | 2007-02-26 01:00 | 日々の出来事
<< 贈り物は難しい ご近所の鰻屋さんめぐり・・・ ... >>