「ほっ」と。キャンペーン

へとへとでござる

a0041150_02725100.jpgやっと編曲が出来た。疲れた疲れた~!泣きそう!ここまで忙しいのに、こういう仕事は請けちゃいけないんだろうけど、やはり自分の作品が本になって出版されるのは、何となく嬉しかったりで、やってしまうんだよね~。

アイデア自体はすぐ浮かんで、それをすぐに弾くことも出来るんだけど、それを「書く」のが大変。最初に音符を書きとめていくのに2~3時間、次に見直しながら尻尾をつけて、清書もどきで楽譜にするんだけど、下手するとここでも1曲2時間ぐらいかかってしまう。グランドピアノの譜面台を倒して、そこで書いているから、立ち仕事になって足も痛い。このせいなのか、今「かかと」が痛いのじゃ。調べてもらったら、『足底腱膜炎』かもしれないとのこと(笑)。おいおい、ピアニストらしからぬ病名ではないか!普通は手だろう~『腱鞘炎』とかさ・・・そして原因は老化と肥満か・・・むむむ・・・でも治療法は「自然治癒」・・・って?なぁんだボク向きの病気じゃん♪インフルエンザでも何でも、2・3日であれば「自然治癒」だから、多分平気だ。筋肉痛かもしれないし気にしないでおこう。

そんなボクも昔「生牡蠣」にあたったときだけは、大変だったね。大好きだけど、これだけはもう食べられない。残念。「自然治癒」でもかなり苦しかった。

a0041150_034517.jpg大好きといえば「鰻」。またまた「大和田」行って食べたよ。とてもおいしいね~幸せ!生き返るよ。そのまま寝てしまいたいぐらい(笑)。「たぬき鮨」にも行った~やはり幸せだった!閉じこもって仕事するのは良くないよね。そろそろ「桜」も咲く様子だし。

今年はなんだか知らないけど、仕事の数より曲数の多さ!次々と譜読みしなくてはならないので、まるでマジメなピアニストみたいな生活を強いられそう~(笑)。ボクたちには、短い時間で即座に仕上げるのも必要だし、長い時間かかって1曲仕上げることも必要・・・でもそれは「お勉強」でやっている段階での話。誰かが言っていたがプロとアマの違いは「しめきり」があるかないかの差だと。でも、かなり能力が高く、ぱっとその曲の内容を読み取り、集中して一気にやれるとしても、所詮は1曲ずつ仕上げていくわけだから、誰の場合でもピアノは時間との勝負となる。

頭に浮かんだものがすぐには全部が全部、具現できないという意味では、編曲の作業と同じ。そんなとき大切なのは(生活の)リズムだと思う。リズムは自分で刻むものではなく、「のる」ものだと考える。だから次から次へと、どんどん仕事が来たほうが、大変でもよりスパークできるのでは?と勝手に想像している。老化と肥満・・・・らしいが(笑)、やれるだけやってみよう!!あしたは焼肉だ。
by masa-hilton | 2007-03-29 00:38 | 日々の出来事
<< 超うまい!宇田川の「豚テキ」(... 休日は怒涛の鑑賞 番外編 >>