お椀の喧嘩は、だれも食わん

a0041150_19414721.jpga0041150_19474474.jpgウナギの「大和田」でお客の夫婦が大喧嘩をしている。といっても小さな声なんだけど。なにかと思えば旦那が残していた「なめこ」を奥さんが食べちゃったとか。何でもその旦那は「なめこ」がものすごく大好きで、今日も2杯目だったらしく、奥さんにも一口あげたところ、大量に食われてしまったという話。「200円ぐらいなんだから、いいだろ~」と思うが、夫婦のことだから事情もあるのだろう。何となく呼び水して、こちらも「なめこ」たのんじゃった。「大和田」は前にも書いたけど「肝吸い」が100円ぐらいで「なめこ汁」が210円。普通と逆。その代わり親の仇のように、いっぱい入っているのよね。凄いでしょ!

最近はどこでも「けんちん汁」や「豚汁」があったりする。普通の味噌汁よりはおいしいから食べるけど、ちょっと虚しいような。さすがに「采膳」のおばちゃんが作る「けんちん汁」は超うまい。見て見て!「さば味噌煮定食」だよ。たまにはこんなものも食べてるんだよ(笑)。「采膳」の肉ジャガもうまかったけれど、もともとこういうお椀や料理は、温かい家庭で食べるものだったね。だから「なめこ」で喧嘩しちゃ犬も食ワンぞよ(笑)。
by masa-hilton | 2007-04-04 03:04 | 日々の出来事
<< 魚久のイート・イン 鼎泰豐(ディンタイフォン) >>