ガンガンでバタバタやってます!

いやあ、素晴らしい。マッツォーラさん!さらにトスティのセレナータが増えましたよ!

オペラオタクの方々にはどのように届くのかな?聴き方によるかもしれない。一言で言うと古いタイプの歌手。なんといってもご主人が、デル=モナコやテバルディを鼻で使っていた大指揮者。あの当時の懐かしい歌手の芸風を残していらして、僕はとても楽しい。その代わり、今の歌手のようなきちんとしたアジリタとか、明確なリズムや解釈は全く気にしていない。強弱も自己流のような、逆にそれが伝統的なものなのかもしれないが。どんなフレーズが返されるか予測できず、スリルも満点。でも素晴らしい魂のこもった心の歌が、ずっしりと存在している。「音楽は心」という本物の重み!アンサンブルよりシチリアの魂が大事よ~!みたいな感じ。ブレスの都合や高音を伸ばすところで、ピアノが急いだりするのを、何よりも嫌う。そしてピアノにはオーケストラ並の大音量を要求してくる。本当言うとバランスは心配なんだけどね(笑)。以前にもトロンボーンの人にそう言われて、ガンガンやったらご本人は大喜びだけど、お客さんに怒られちゃったことあるからな(笑)。僕だってね、大きく弾くのは逆にやりにくいんだよ!でも本人がそう言うんだから(笑)仕方ないのよね。というわけで、明日の本番はドキドキ!楽しみ。まさに昔気質の歌手との共演の実感に大満足!!本来のオペラ歌手ってこういうものなんだと思う。今時のやり方のほうが間違っているのかもと感じた。

a0041150_6312272.jpgそして先だっての武豊町の子供コンサートも凄かったね。0歳からのコンサートだから騒いでもいいけど、物事には限度があるってぐらいの盛り上がり(笑)!でもよく会場を見ると、僕たちに思い切り手をふっていたり、音楽と一緒に気勢を上げているから、これはステキなこと!最高に嬉しかった!こういう瞬間を楽しむために、子供のコンサートをやっているわけだから。おかげ様で9割がたの集客だった!素晴らしい!子供のコンサートは僕たちにおまかせだね!今回はテノールの高野さんが初共演だったが、きっと驚かれたことだろう。いつものメンバーによる僕たちのステージは、こんな子供ばかりの会場だって命がけでやるから。無難に役割をこなす仕事とは違う。いわば全てが超楽しい戦いなんだ。いつものメンバーは、もし僕が演奏も体調も不調だったりしたら、もう大喜びで「俺が主役だ~!」とばかり更なる攻撃を仕掛けてくるような(笑)、凄い実力を持った楽しい人ばかり。安全運転で臨むのは構わないけど舞台で負けるのは目に見えている。結局は踏ん張らざるを得ない!と言うわけで、皆さんお疲れでした!!毎度ど~もです。楽しい模様は家田さんのギャラリーにアップされている。走り回っていたから僕はあまり映ってないけど・・・。祐ノ介君は目の付け所が凄いな(笑)、気がつかなかったよ、変な駅名。

その間「ぴあ」の取材もあった。「クラシックぴあ」に特集記事が載りますので大いに楽しみにしていてくださいね!

でも本当はマジ体調不良!それもかなり悪いかも!電車の中で脂汗をかいて寝て、這うようにリハや本番に通ってる。たまたま「ガンダム」の再放送を見ていたら「俺達は戦っているんだ、戦争中なんだ!やらなきゃやられる」みたいなセリフがあったが、それを聞いたらまさに自分も戦争中であることを思い出して、ちょっと楽になった。戦争という言葉はあまりよくないので、誰にも迷惑のかからないチャレンジとしておくけど、仕事の数は全然余裕でもっと欲しいくらいだが、今年は曲数が多く難易度が高い(笑)。体調悪くてもあたり前だ(爆笑)。がんばろう!
by masa-hilton | 2007-05-10 17:40 | 日々の出来事
<< やってくれました、マッツォーラさん あああ、ううう >>