ところで

a0041150_177418.jpg引き続きコンサート、そして昨日のシルヴィー&マチューのフランス人歌手2人組を今夜柏崎まで連れて行かなきゃならない。あわただしく早めのお昼を天ぷらの「中山」で済ませ、家路に急いでいると、思わず「はっ!」と足が止まる。

家の近くの「めし屋」?「呑み屋」?よくわからないが(笑)「おおいし」という店がある。昼間の定食で利用したこともあるが、夜遅くまで賑わっている店だ。今日月曜日は定休日で、その静かな店の前に鮮やかな紫陽花が置かれていた。

あまり景色や花を見て「綺麗だ」と足を止めたり、愛でることもないのだが、鮮やかで深く、みずみずしい青いような紫のような色彩。美しいと思った。

「おや、斎藤さんではありませんか」と声をかけられ、見ると武蔵野に来て下さるお客様のお1人。もちろんお名前とか存じ上げない方だ。「ここの住人なんですよ」「私は職場がそこで・・・」とお話をした。花に気をとられなければ、きっとお会いすることもなかったのだろう。

「人生に偶然はない、全てが必然なのだ」という言葉は、信ずるに値するものだと思っている。
by masa-hilton | 2007-06-11 12:05 | 日々の出来事
<< いつもの生活にもどる 疲れをとるには「とり鈴」へ >>