またまたアル・ポンテに行く

a0041150_23354074.jpg疲れたから、何かおいしいもの食べようとイタリアンの「アル・ポンテ」に行けば、「ショパン見ましたよ」と言われちゃって、もうバレバレだ。だからというわけではないのだろうけど、今回はとてもサービスも良く、大変居心地が良かった。フロア・マネージャーの方が明るくスマートに機転を利かせていらっしゃるので、店の動きもスムーズだったし。やはり若いスタッフだけのときとは随分違う印象だ。

せっかく仲良くなったので、以前から不満だったパスタについてお願いすると「何でも作れるんです。リクエストしてください」とのこと。カルボナーラしか食べない人とか、トンカツばかり注文する人等(笑)、結構わがままな常連さんもいるらしい。

お気に入りの鹿肉のローストがなかった!「これ冬のメニューだから、中身をそろそろ変えないといけないですね・・・鹿肉じゃなくて、これしかないです」(笑)と出てきたのは牛のロース。ロースといっても脂身のない部分を選ぶところが流石!フィレならもしかするとパサパサしてしまうこともある。赤ワインソースとの相性も良い。満足した!

では次回はわがままメニューをリクエストすることにしよう!楽しみ。
by masa-hilton | 2007-07-13 01:09 | 趣味&グルメ
<< ランチのあれこれ 仙台と言えば >>