「ほっ」と。キャンペーン

月刊「ピアノ」の取材等

今日は「月刊」ピアノの取材が入っていまして、おうちを片付けるのにも時間がとられました。今回は「自分の思い出の一品」を紹介するコーナー、すごい良い場所のカラーページです。それにしても毎日取材やら事務的なことに追われて、落ち着いて座ってもいられないのは少し困りますが、それは活気のある証拠ですからとても幸せなことなんだと思います。楽しんでいるように見えるかもしれませんね。

今も、今日急に入ってきた仕事の、その企画書を書くのにこの時間までかかってしまい、明日はリハなのに・・・これから徹夜です。ちょっと参りました~なんか眠いし。おもしろい事に仕事の入ってくる日というのは、何本もまとめてくるものです。逆に仕事が流れる日には、それも集中する・・・不思議です。めぐり合わせ?星回り?やはり神秘の力はあるもんですよ。

取材のライターさんはこのブログまで読破されていて、もうボクのことはボク以上に詳しい感じ(笑)。「取材のたびにネクタイを新調するんですよね?」と聞かれたのには絶句!すみません、コレ以前にまとめ買いしたヤツです(笑)。そんな感じで非常に楽しく終わりました~感謝です。

さて、実はある人がボクが「幸せだ」と言い過ぎると心配していました。世の中の人はそういうのを好まないから(笑)「ブログはブツブツ愚痴ってるほうが良いですよ」ってね。そんなものなのかなあ?本当は逆でしょ。ブツブツ文句言ったり悶々としたり、人を羨ましく思ったりするのは、現状に満足していないということ、つまり高く望んでいるんですよ。希望が多いということでしょう?ボクのように現状に軽く幸せだと思えてしまうのは、あまり高く望んでないから。つらいことや悲しいことを知っていて、それに比べれば「これはステキだ!」と思えてしまうのです。

人間は2種類・・・自分の人生を偉大に考えている人は、常に「幸せ」を意識して、その達成までの道のりを悶々と暮らす。人生をささやかだと考えている人は、全てが「虚しい」と感じて、到達点のない道のりをそれなりに楽しく歩こうとする・・・そのどちらか。ちょうどそれは、人間は「情け深い」か「毛深い」かのどちらかだ!と言うのと同じようなもんですね。え?違う?
by masa-hilton | 2007-07-20 04:17 | 日々の出来事
<< ハードな週間の始まり 乃木坂の「Feu」で打ち合わせ  >>