「ほっ」と。キャンペーン

ハードな週間の始まり

色々なことが重なりほとんど寝られない。立っているのがやっとという感じだけれど、舞台に立つと楽しくなってしまう(笑)。毎日毎日時間との追いかけっこの中を、前橋の演奏会に行ってきました。手ごたえのあったとても良い時間で心から感謝しております。

a0041150_23513810.jpg昔からの知り合いの朴さんとはここでは2度目の共演。素晴らしいのはお客様が待っていてくださったかのように温かく、そしてそのノリも最高だったこと。嬉しかったです。とかく気難しく神経質な上に自分のポジションにしがみつくタイプの多い音楽家が多いのはやむを得ないことでしょう。仕事だって少ないし、この世界で生きていくストレスは並大抵なことではないから。だからこそ、いつもリラックスしていてやわらかなお人柄・・・朴さんのそうした魅力に惹きつけられている方も多いのだと思います。本来は音楽家はそうあるべきだし、実際それでこそ活動も広がるというものです。実際朴さんの活動はドンドン広がってきて、今は群馬県内を縦横無尽に休む間もなく演奏なさっているご様子。そうした活動が蓄積されてきての昨日の会場の空気。演奏していてとても楽しいコンサートでした。

とても気分良く帰る途中、目も開けていられないくらいの疲れに襲われ、高崎駅では周りの目も気にせず、肩を揉んでもらったりさすってもらったり・・・・お殿様のように・・・・えへへ・・・・男性乗客の嫉妬を一身に浴びながら、介抱されていましたとさ(笑)。いや、笑い事じゃなく家にたどり着くのがやっとという感じ。そのまま寝てしまって朝方ようやく我にかえりましたよ。寝てる場合じゃないのになあ・・・・。

休む間もなくクサントーダキさんが今日は家にやってきて、リハーサル。とてもアイデアの多い方で、若さゆえの表現意欲が前面に感じられるタイプです。モーツァルトも予想の出来ないルバートを使ったり、フランス歌曲もそれらしくない揺らぎのある表現でドラマティックに来ることも多く、なかなか合わせるのは難しいタイプ。そしたら「あは!この曲初めて歌うからよくわかんないの~」と言って笑ってたりと(笑)、簡単には終わらなかったけれど刺激的で楽しい時間。コンサートも楽しみです。

で、また疲れちゃった(笑)けれどね、明日はリサイタル。実は左手の人差し指を弾いてて怪我しちゃって痛い~!目の奥も痛い!満身創痍!おおおお、生きてるって感じ!とりあえずは・・・・もっとちゃんと食べよう(笑)。
by masa-hilton | 2007-07-23 00:09 | 日々の出来事
<< あいたたたた! 月刊「ピアノ」の取材等 >>