「ほっ」と。キャンペーン

クサントーダキさんのコンサート終了

ハードな週間、次の合わせや打ち合わせ、そしてトリフォニーホール6日のラプソディ・インブルーと、まだ落ち着くわけにもいかないが、クサントーダキさんのコンサートが無事良い感じで終了してホッとした。

日経ホールと武蔵野スイングホールと2日続けてだったので、彼女もかなりきつそうだった。プログラムの量も多く、いろいろな作品が網羅されていたので、神経を使うコンサートとなった。やはり2日目のほうがボクは良かったと思う。1日目はとにかくまだ指が痛かったので、やはりちょっと支障はあった。やはり指は大切(笑)~気をつけよう。またさすが、本番1回経ると完成度も上がるし、精妙な合わせが可能になる。本人同士とても楽しく満足したし、今日はお客様との距離も近いので、とても良い空間が味わえて幸せだった。

ところで昨日、ホールに行くタクシーでの出来事。「日本経済新聞社に行ってほしい」と頼んでも、大手町の日経の本社を知らない運転手さん(笑)・・・・・!こんなのありえるだろうか?で、ナビで検索を始めたは良いが「日経新聞社の岩手支社」を検索して、ナビが「目的地まで●●●キロ、所要時間7時間30分です」と大真面目に答えている(笑)。「わからないなら降りるから」と言ったが、がむしゃらにスタートして、降ろしてくれない。なんか厳しい人生なんだろうな・・・・と思って許してあげた。会場では鈴木雅明先生ご夫妻にお会いした。
by masa-hilton | 2007-07-27 05:21 | 日々の出来事
<< 刈谷でのコンサート あいたたたた! >>