蕎麦の「夢やぐら」に行く

a0041150_16484043.jpga0041150_1649557.jpga0041150_16492094.jpg
a0041150_165045100.jpga0041150_1651152.jpg以前は「夢屋仁左衛門」とかいう名前だったと思うが、その頃行ったときはパッとしなかった。昔は新大橋通りにあったが、甘酒横丁に引越してきた明治座の経営店。「宇田川」の若大将がお気に入りと話していたので、あらためてまずは「もり蕎麦とカツ丼のセット」を食べてみたら、なかなかおいしい!でもそれ以外は✖だな。

今回は本格的に出かける。まずホッピーって何だ?ノンアルコールビールみたいなのを焼酎で割る?なるほど。知らなかった(笑)。

焼鳥類、鴨焼き等を注文したが味が濃い!コクがあって濃いのではなく本当に強い味。飲んでちょうど良い味付けになっているのか。この濃い味に卵をつけて食べるのはなかなか良かったが、う~ん。そういえばお蕎麦のつゆも濃い感じだ。とにかく冷たい蕎麦はしっかりと冷やしてでてくるので、これはそれなりにうまく感じる。ま、美味しい店ではないよ。

メニューが少ないのも難点の1つ。まあ普通かな。カツ丼とのセットぐらいがおススメかもね(笑)。
by masa-hilton | 2007-08-01 00:07 | 趣味&グルメ
<< 「グリルTSUKASA」の定番... 8月6日ジュニアフィルコンサー... >>