「グリルTSUKASA」の定番メニュー

a0041150_0592698.jpga0041150_10260.jpg人形町の老舗の1つといえる、アットホームな洋食屋さんだがマスターのキャラクターでお洒落な感じも漂うグリル「ツカサ」。堺正章のチューボーです!の街の巨匠にも選ばれているお店。

ここの一押しはやはり「煮込みハンバーグ」だろうね。盛りつけもビーフシチュー風で楽しく、個性もあっておいしく戴ける。私にもお気に入りのメニュー!

また「カニコロッケ」もすっきりまとまった感じで、おそらくファンも多いであろう味わいだ。

お店の一押しはカツサンドやハヤシライスだったりする。ハヤシライスは人形町ならではの「甘い」味。昔ながらの伝統なのかな。この辺りはこうした洋食屋さんが多く、みんな似たり寄ったりの味わいなのも面白い。グリルハンバーグや鶏肉等の「焼物」はみな焦げ目が強いので、好みは分かれる。ステーキ丼とかになると、ちょっと高くもなっちゃうし、隣が「今半」というのは不利か。要は単純に焼くだけより、少し手がかかった心温まる料理がおいしいステキなお店なのだ。「洋食」が洗練されているという印象。常連も多いよね。

by masa-hilton | 2007-08-02 01:11 | 趣味&グルメ
<< 甘酒横丁の新スポット Pizz... 蕎麦の「夢やぐら」に行く >>