お盆ボンボンボン その2

また「三越」にやってきた。ま、こんな時でもないと続けては来ない(笑)。今日はネクタイやヘレンドの新しいフクロウさん等も確認した。

地下のイートインでは日本橋の鰻の老舗「いづもや」がある。ここは友人のコンサートを応援してたりする店なので何回か伺った。好みからいうと合わない(笑)。薄い味。あっさりで品が良く香ばしくもあるが、濃厚な味わいや甘味がないということだ。タレの問題だと思うのは、テーブルに「足りない場合は」と置いてあるタレをいくらかけても、しょっぱくなってもあっさり感は変わらないから。「江戸の味」ではないけど一般的にはこのくらいの方が喜ばれるのだと思う。で、久しぶりに食べてみたのだが印象は一緒。イートインでは3150円のものには「うざく」がつく。うなぎ&きゅうりの酢の物のことだが、これもあっさり。個人的には「うざく」も「大和田」のほうがずっとずっと食べ甲斐があってうまいね、友人達も絶賛してたよ。でもたまにはいいかな、ちょっと上品なお年寄りな気分(笑)。水戸黄門でござる~、おっほっほ。いや、もう充分爺さんだった・・・。

夜は「とり鈴」がやっていた。こちらはいつものようにおいしい焼鳥!半生レアの好きなタイプの焼き具合。濃厚にタレをつけて召し上がれ。牛すじもおいしかった。タレではないがニンニク味で焼いた手羽先が絶品だった。これはうまい!

a0041150_223385.jpga0041150_2231888.jpga0041150_2233175.jpg
by masa-hilton | 2007-08-15 00:25 | 趣味&グルメ
<< お盆ボンボンボン その3 お盆ボンボンボン その1 >>