グランドビーフステーキとは

今日は打ち合わせがあってホテルニューオータニ東京へ出かけた。ニューオータニはディナショーもやったり、昔はクルクル回るスカイレストランにもよく行ったが、中途半端に高いし普通にご飯はしない場所。打ち合わせも3人でコーヒー飲んでも4000円みたいなところ!すごい打ち合わせだ!払ってくれたけど大丈夫かな?こりゃぁ不経済である(笑)。ただ大阪で個人で泊まるときはニューオータニが定宿。あそこはなかなかおいしい店が揃っているし、中華がお気に入りだったりもしたから。

a0041150_19271755.jpga0041150_1927309.jpga0041150_19274327.jpg
で、今日はちょっとタイミングがずれたので仕方がない、「お昼はニューオータニで食べるか」と入ったのがステーキハウスの「リブルーム」。開業当時からの味を守り続けるレストラン、地下のアーケードの中にある。入口のショーケースの最高級和牛の断面が目を引く店。 写真がおいしそうな「グランドビーフステーキ」を注文した。まずは出て来た「オニオンスープ」がうまいね!ホテルでオニオンスープはあまりはずれないけど、スタンダードでとても良いお味。サラダバーでサラダのバイキング。これも一流ホテルならではで、アボガドとかさまざまな食材が並ぶし、トマトも新鮮でおいしい。サウザンは少し重い味付けだったから、さっぱり系のドレッシングのほうが良いだろうね。

a0041150_19204936.jpga0041150_19211175.jpgメインのお肉「グランドステーキ」は特選和牛をたたいて、つなぎを使わずに作ったハンバーグのようなものだった。やはり良質のお肉を使っているという味わいはある。おいしいけど、ちょっと塩コショウがきついかな。これだとソースはもっと甘めなトマトとバルサミコ風なソースのほうがあう気がする。いまはおろしニンニクソース系、和の感じだ。中身は写真のようにレアだが、表面は焼きすぎだと思うな。メニューの写真と全然違うじゃん!ただたまねぎが入っているからある程度焼かないと。難しいとこだ。メニューに載っている写真にするのは至難の業か。そうは言っても、もちろんおいしいランチだし上出来!ホテル内にあるレストランとしてはとても良い。でも「宇田川」のステーキコースのほうが価値があるね(笑)。ここで夜食べることを思ったら、断然「宇田川」だ。

a0041150_21434223.jpgそれなら夜は「宇田川」に行こうと思ったのだが、事務仕事(練習じゃないのよ)に追われてしまい、気がつけば8時半。もう無理だ。しかし演奏家というのはなぜこんなに無駄に忙しく、時間がないのだろうかな。1日6時間も7時間も練習がとれたらどんなに良いかとも思うが、それができるのはアマチュアぐらいだろう。仕事を選べる巨匠なら出来るか。普通は2時間ぐらいの練習をキープするのがやっとで、何でこの時間で100曲以上の曲をまわすことができているのかも不思議なことである。会うと全員がそう言ってこぼしているので、これはホント。みんなそうだから仕方がない(笑)。こうなりゃ集中力と火事場の馬鹿力を磨いていくしかない(笑)。大変な職業である。

というわけで(笑)「宇田川」はあきらめた。それでは、先日お母さんが揚げたような素人っぽい「かき揚げ」が妙においしかった蕎麦の「丸富」に行って、今度は「カツ丼セット」を。でもこれははずれだった。「カツ丼」がしょっぱい。これだったら「夢やぐら」のほうが断然うまい。それでもお蕎麦はちゃんと手打ちだし、今日もなかなか良かった。前回よりは細めの麺!つゆの感じとしては前回ぐらい太いほうがもっとうまいかも。次は「たぬき蕎麦」とかも食べてみるか?「天丼」にちゃんと海老が入っているのかどうかも気になるところ。そしてまたあの「かき揚げセット」も食べてみたい。あれはなかなか面白い。それに時間がないときはこういう店がとてもありがたいし。
by masa-hilton | 2007-08-28 01:14 | 趣味&グルメ
<< 極上のサイド・メニュー そして名古屋は暑かった! >>