ちょっと高いぞ~日本橋・宮川のウナギ(笑)

a0041150_2334278.jpga0041150_23353014.jpga0041150_2336043.jpg
a0041150_1374496.jpg 「宮川」という屋号はウナギの代名詞。日本橋にも三越に行く道すがらに「日本橋・宮川」という店がある。このあたりでは高いほうの1つだろう。お安い鰻重で2100円、高いのは3650円だ。おまけにお椀は別で赤だしの味噌汁が600円もする。写真は3650円のものだけど、見るからにちょっと・・・でしょ。

食べてみると鰻自体が貧弱な感じ。この辺りはおいしい鰻屋が多いからね。他の場所なら十分なのかもしれないけれど。例えば「いづもや」には行かないとか言っても、それはタレの味が自分の趣味と違うだけで、鰻の質からいったらそれは立派な良いものが出てくる。宮川さんがこの感じでこの値段でこの場所でやっていけるのは、「名前」と会社のお偉いさん相手だから?接待で味はどうでもいいという感じでなければ、ちょっとがっかりかも。タレの味もすっきり系で趣味とは違った。2700円の大和田の特上「桜」が恋しくなった。

口直しにいつもの三越の地下「クラブハリエ」のバウムクーヘンを食べに行ったら・・・異変が・・・珍しく空いているのである。実は三越は地下にイートインがいっぱいオープンしたのだ。そちらは珍しさが手伝って長蛇の列。人の気持ちはうつろいやすい・・・というか三越の宣伝力は大したものだ。でも空いてた方が常連組はうれしい。ゆっくりおいしく戴きました。

しかしそれにしてもだ。どう見ても見た目は小さくしなびている感じの、このみかん!さぞかし甘いのだろうが・・・。三越って凄い!
by masa-hilton | 2007-09-04 01:40 | 趣味&グルメ
<< この辺りで1番おいしいかもしれ... 年末年越しスペシャルのコンサート >>