やっぱりうまい!また宇田川の「ヒレかつ」

a0041150_1172990.jpg用があってまた日本橋へ。今日は手早くその用を済ませ大好きな「宇田川」で「ヒレかつ」を食べる。どうです?このナマな感じは?うまそうでしょう?うまいんですよ!

若旦那の手際の良さ、ちょっと荒っぽいような感じがまたステキ。毎回ニュアンスの違う、それでいて上質のものが出てくる、ピアニストで言うとフランソワやソフロニツキーのような天才的な詩人ですね。三味線もプロ並な腕前という粋な人ですから、やはり滲み出ますね。多分「中山」や「太田」もそうですが、思っていなくても常連には良いものを、アンチの人には良いものは出せないタイプのような気がする(笑)。私たちも不特定多数の方を相手にする商売だけど、空気というか、なんか感じるものがあって、好意的なものを感じればすぐ調子が上がっちゃうんですよね。それが人間的で良いと思うんだな。自分が聴く時もそういう演奏家が好き。いつでも誰の前でも高水準の徹底的にアナリーゼしつくしたことができる人は立派だけど、個人的には興味がないんだよね。例外はミケランジェリだけかな。

予定を見ると次の日も朝から本番だから、30周年コンサートといってもパーティや宴会はなし!じゃ、ということでこのコンサートのケータリングはふんぱつして「宇田川」のカツサンドにしようと予約もしてきたのです。1度に100個ぐらいの注文がある日もあるそうな。「カツ」さえ揚がれば、6箱同時に20秒で作れるのを、今日この目で確認しました(笑)。
by masa-hilton | 2007-09-08 02:04 | 日々の出来事
<< 人形町の裏メニュー「大市」の「... NHKサタデーホットリクエスト... >>