「ほっ」と。キャンペーン

人形町の人形市

a0041150_5423792.jpg昨年に続き、今年も人形市の季節だ。今年で2回目。昨年は正直なところ貧弱なイヴェントで、見るべきところは何もなかった。昨年が今ひとつだったことは、このブログにも書いている。へ?この時にヘレンドの亀さん買ったんだっけ。なんか時のたつのって早すぎるなあ(笑)。

今年は人の出足は好調のようだ。商店街のほうでは、本当においしい店がどこだかわからず有名店に行列が増え、つまらない1000円均一のディスカウントショップに人が集っている。下調べしてくれば、人形町はもっと楽しい街なのに残念なことだ。

肝心の人形は気に入ったものは何もなかった。手作りの素人っぽい人形はイヤだし、ちょっと可愛いものがあっても、きっとわが家に来れば見劣りのする品ばかりだ。その上にバカ高い。アンティーク物もみんな顔が一緒だったりでは、なんか意味がないし(笑)。もっと個性的な店が出店してくれないものかなあ。それでも昨年よりはずっと良い感じなのだからいいではないの。何事も地道が一番!一歩ずつ!亀田親子みたいに祀り上げられて、ドーンと落とされるみたいなのは、ちょっとね・・・マスコミって怖いよ。態度が悪いって言っても、最初からああいう人たちだったわけだし(笑)、今さらでしょ。怖い怖い。

さてさて、気晴らしにはなった「人形市」。土・日でないのも面白い。また来年に期待しよう!
by masa-hilton | 2007-10-18 05:48 | 日々の出来事
<< 休日は怒涛の鑑賞 その11 人と会うのが日常 >>