富沢町の鰻屋 「喜久川」

a0041150_23214499.jpga0041150_23222155.jpg人形町の1丁目に立派なビルが建って、もともとそこで営業していた鰻の「喜久川」もそのビルに入って繁盛しているようだ。この「喜久川」と同じ名前の鰻屋さんが富沢町にある。ご兄弟のお店だ。こちらは交番の向かいに地下にある小さなお店。もう夕方には閉店してしまう。値段は1300円のうな丼から始まり、特上は肝吸いをつけておよそ3000円ぐらい。

兄弟の店でも味は違う。鰻は富沢のほうが柔らかく、タレはドボドボとかかっている。しょっぱいわけではないが、お新香の味も濃かったから、味は濃めということなのだろう。人形町のほうが几帳面な感じ、富沢町は荒々しい感じだが、荒っぽい方が遊びがあって私は好きだ。実際こちらのほうが絶対に旨いと思うのだ。それをご主人に伝えたら照れていた様子。タレは甘さが少なめな味わい。これはこれで好きな人も多いのでは?お客さんも多い。
by masa-hilton | 2007-11-10 14:40 | 趣味&グルメ
<< 古き雰囲気をたたえる、癒しの喫... モーストリー12月号に記事 >>