ランチ探訪

さてさて、その行列になっていた「鮨芳」に行ってみる。何と行列の日は「半額の日」だったとのことだった(笑)。私は人形町の寿司屋さんは全部行っているので、新しい店はとても気になる所。行列の謎も知りたかったから、今回は「ランチタイム」から挑戦だ。

a0041150_324336.jpgもともと人形町には「寿司芳」という古いお店があるが、同じ名前でも全く無関係。葛西のほうのお寿司屋さんの2代目の若大将が独立されたお店で、感じが良く威勢も良い。お店そのものが、優しい気持ちと感じの良さで溢れている。「寒いですからホッカイロを持っていってください」とサービスも満点。そんな親しみやすさから女性客が多いが「ヅケマグロって何?」みたいな人たちだったりする。肝心のお味は1回のランチだけではわからないが平凡だった。他の何を見逃しても、まず日本橋の地で店を開き、この玉子焼の味はありえない。系統としては甘酒横丁の「さいとう鮨」だが、それよりはずいぶんと落ちる・・・・値段も安いし「ランチ」だから限られたネタの話だ。

ちゃんとした寿司屋でも「ランチ」はかなり質を落としていたりする。安かろう悪かろうで仕方がないのだろうが、そればかりでなく夜とはハッキリ差をつけている店もある。でも「鮨芳」特選ランチは2000円だからね。2000円出せばあの今半の「ステーキ丼」だって食べられるから考えどころ。ちなみに女性達が食べているのはイチオシの「ヅケアナ丼」1000円というもので、ご飯の間にバラチラシを入れて、上にヅケとアナゴが乗るというもの。すなわち鰻丼の「2段重ね丼」のようなイメージだ。これがなかなかおいしいらしく、リピーターも多いようだ。ぜひその「ヅケアナ丼」も、あらためて夜のお好みにも行かねば!ね!
a0041150_3311150.jpga0041150_3312896.jpg先日一番おいしいピザ屋がつぶれた。お店は「味」だけではないし、特にピザ屋は女性客が多いので、店の雰囲気も大事なのだろう。

開店のときは不慣れで、肝心のピザも立派な釜がある割には?な印象だったが、「LA2MELA(ラ・セコンダ・メーラ)」はその後しっかり良い感じの店になった。マスターは人形町で一番お洒落な喫茶店「アップル」のご主人なので、センスの良い店の運営はお手の物。

今日はピザではなくランチの「ナポリ風ハンバーグ、カプレーゼソース」。ランチ・サラダもドレッシングにチーズが効いていて技アリ!その辺は甘酒横丁の「Pizza da Babbo」に大きな差をつけている。ハンバーグは、トマトソースがたっぷりかかったメニュー写真とは別物が出てきたので、まずは失望。でも食べてみるとこれがなかなかうまい!ソースが足らない分、いくぶん薄味ではあるが、肉の密度の高い好みのタイプのハンバーグでとても満足した。味付けも良い。トッピングで目玉焼き等もつけられてさらに満足。残念ながらこの店こそ昼間にしか行ったことがないので、ぜひ夜のコースを食べてみたいところだ。
by masa-hilton | 2007-12-09 03:41 | 趣味&グルメ
<< 上大岡だったら 「鮨道楽」 私の知らないうちに >>