上大岡だったら 「鮨道楽」

a0041150_256515.jpga0041150_344639.jpgスーパーレッスンも無事終了!驚くほど上手な人もいた。音楽に賭けた人生がぜひ大きな実を結びますようにと、心から願いたい。上手な人をレッスンすると、その人が努力に見合うだけのものを将来得る事が出来るかを考え、悲しくなってくる。そういう人ほど謙虚で「私はまだ・・・」みたいな気持ちで消極的になり、知らない無能な人ほど(知らぬ強みもあり)ずうずうしく活動している「ねじれ現象」はままあること。それは逆の意味で本人の「やる気」が全てを可能にするという現れでもある。何事もやる気のある人にはかなわない。ずうずうしくがんばるのみだ!

さて上大岡でいつも伺う「鮨道楽@にしかわ」。とにかく魚類の身が厚い。銀座辺りの高級店のようにすっきり小ぶりにまとめた都会的なお寿司屋さんが増えているが、それで中途半端な味が多い現状では、北海道チックな大ぶりネタで勝負の店のほうが楽しい。ボタン海老も赤貝も大変おいしく、とにかく混んでいて地元の人気店らしい。こういう店にしては「うに」が、香りの薄いものが出てくるのが不思議(笑)なんだけど、貝類も蟹に至るまで、総じて良いネタが置かれている。いかにも男の漁師の店風な荒削りな味わい。それが個性でもあるし、ちょっと旅先の雰囲気まで感じさせて大変気に入っている。
by masa-hilton | 2007-12-11 03:16 | 日々の出来事
<< クリスマス・ソング ランチ探訪 >>