新潟で「日本料理 蘭(あららぎ)」に行く

せっかくおいしいものがいっぱいある新潟に来たのだからと伺ったのが、「日本料理の蘭(あららぎ)」だ。市内でも有名な美食処とのこと。ビジネスホテルみたいなのの1階にあるのがちょっと面白い。でもこの選択はちょっと難しい。食べてみると京風懐石である。京風なら京都で食べるに限る。実際、東京でもかなりな有名な日本料理でも京風な味付けとなると、これはなぜか本家にかなわない。おいしい物はみな東京にあるのだが、こればかりはやはり職人の伝統の腕なのだろう。というわけで、本来は地元の人が行く気軽な鮨のほうが良かったのかもしれないね。おいしいがこれでは東京となんら変わらない。

a0041150_2054691.jpga0041150_2075997.jpga0041150_20941.jpg
a0041150_20113734.jpga0041150_20153999.jpg京風の大根はおいしいがありふれたもの。さすが海老や甘エビは素材の違いもあってうまい。「海老しんじょう」は当日のメニューの中では一番の出来だった。また「もずくの茶碗蒸」はシンプルで品の良い深い味わい。隠し味のように入っているもずくの風味が実に心地よい。後から出されたお新香もおいしかったが、ウニをあつらえた「ふき」も良いお味。お刺身はまずい筈がない。ただ、せっかくここに来たのだからもっと身の厚い、新鮮さを売りにしたものを下品に食べたかったかもしれない(笑)。周りでは絶賛されていたが、牡蠣のお汁に関しては今ひとつの感じがした。それはこうした味噌を使わない汁に東京人はうるさいからだ(笑)。それが正統でも何でもないが、「こんな感じの味であって欲しいな!」みたいなのがある(「たぬき鮨」のハマグリ汁のような)。でもとても満足!良い感じだ。
by masa-hilton | 2008-01-24 06:03 | 趣味&グルメ
<< 遅ればせながら今年の抱負!「今... 新潟でコンクール >>