「ほっ」と。キャンペーン

頭痛の種は・・・・

1月は、コンサートもあったけれどもゆっくり休養ができた。出来たが、半分は頭痛で寝ていたかもしれない。私の父親が私ぐらいのとき毎日「頭が痛い」と言っていたが、田村宏先生が「年齢だよ、60歳になったらピッタリ直る」とおっしゃっていたのも、また思い出す。

a0041150_24698.jpgしかしこの月末からにかけての頭痛は、はっきりと理由がある。食器棚を買った。どうして買ったかと言うと、ビデオや楽譜が「もういらにゃい」とばかりに沢山送られてきて・・・・え?ビデオでどうしてって?まあそれは秘密。CDも増えちゃって(笑)・・・・それで食器棚が必要になったというわけだ!わが家は変なおうちなんだよ~ん。それで新しい家具が来ると、ほら、あるでしょう?あの独特な臭い。化学物質の臭いには特に弱い。おうちにいると頭痛が炸裂!換気ファンを最強にしてジャイアント・キムコを棚に押し込んで脱出必至!また以前の棚を処分したので、高校時代の手帳やら怪しげなものがいっぱい出てきて整理。整理すると新しいものも必要と買い物も必至。銀座へ行く。たまたま「松屋」に行ってブラブラしてたら、いろいろ買っちゃた。いつもの衝動買い?というか普段は日本橋「三越」か「高島屋」だから珍しい物があった。

おなかがすいたので、ぶらり食堂街に行くと大好きな蕎麦の「田中屋」もある。でもこの日の気分は「鰻」!と「宮川本廛」へ。近くには「ひら井」もあるが落ち着いて食べられないので「まあいいや」という感じ。宮川本廛はあちこちに支店があるが、築地の総本店で食べた以外は全部まずかった!というのが印象(笑)。それでも「伊勢定」や「伊豆栄」よりはいいかしらね(笑)。こちらの老舗2軒は相当高いものを食べないと、満足のいくものが出てこないのよ。だからデパートにある「伊勢定」じゃ無理。「いづもや」だって、デパートではパッとしない。当然「松屋デパート」の「宮川本廛」も全く期待せず行ったのだが、とってもおいしかったよ~。

a0041150_2555337.jpga0041150_2561098.jpgこりゃうまい!わりと甘さの少ないタレ味。醤油が強い系だね。肉厚でさらに柔らかく味わいもなかなか。肝吸いも良い。「松屋」メインは既に閉店だから、レストラン街は閑散としていて落ち着いて使えた。ただし待たされるよ(笑)。40分待ち!いや、だから本格的でおいしいのであるが。鰻丼も鰻重も良いものは同じ値段、ご飯大盛にして3200円。それを「鰻丼」にした理由は築地店で「丼」でおいしかったからだ。まだ子供の頃の話である。子供の頃にはよく「銀座アスター」にも連れて行ってもらっていた。「冷やし中華」が好きだったけど、それ以外には興味もなく、その後行く機会があっても、あまりおいしい印象もなかったような。でもこの「松屋」のレストラン街で何かとても懐かしい気分になってしまった。またメニューを見ると「黒豚の酢豚」がとてもおいしそうだったしね。おなかすいてたし。

さてさて、翌日(今日)は朝からいろいろ電話が。仕事上の変更や企画会議等、わさわさと忙しかった。同時に朝起き抜けに「ランチなら酢豚もあるかな?」とか思っちゃってさ(笑)。またも松屋へ向かう。実はそれだけでなく、あんなに買ったのに肝心なものを買い忘れていたので、その用もあったのだが。

a0041150_2403256.jpga0041150_2411344.jpga0041150_2413330.jpg

やはり、あったあったよ!酢豚ランチ!お、前菜もつくんだ。あ、鳥肉おいしいじゃん!世間は「毒入り餃子」だし中国野菜は危険な香がしそうだが、「アスター」は昔から日本人に馴染んだ名前だからか、お客さんは多かった。その「酢豚」は少々味は濃い目だがおいしい。それも量が多くて、これならお客さん多くて当然だ。厳密に言えば、お味のほうは普通といってしまえば普通なのかもしれないね。でもこういう中華の有名店は、間違いなくデザートがおいしいから良いんだよ。前菜2品、デザート付で2200円は、相応な感じがした。

a0041150_2331979.jpga0041150_2335976.jpg昨日「松屋」に行って珍しいものがあったので、今日は「松坂屋」にも行ってみた(笑)。上野「松坂屋」は何かと行くこともあるが、銀座は久しぶり。で、またまたお買い物の嵐になっちゃって(笑)。でも「松坂屋」は改装するんだそうで、売り尽くしをやっていたんだから、ある意味仕方がない。忙しくて買えずにいたもの、長年使っていたものを思い出し、この際もろもろ買い換えることにしたわけで、それがたまたま大漁になってしまった。でね、とても楽しそうなんだけど、実は本人、引き続き頭痛だから(笑)。衝動買いの性癖も頭痛いけど(笑)。

そんなこんなで銀座を歩いていたら、人間の腰のところぐらいまである、超大きい黒いプードルがいてなかなか面白かった。あそこまで大きいと人間が入っている「縫いぐるみ」みたいにも見える。写真では今ひとつだけど、実物はホント大きかったからね、若い女性達がわんさか取り囲んで写真を撮りだした(笑)。そしたらそのプードル!そういう扱いに慣れているのか、正面に向かって座りなおして笑顔を振りまくようにしたからビックリ。あれはやはり、人間が入っていたのかもね(笑)。そばにいたら、友人という感じがするんだろうね~。
by masa-hilton | 2008-02-02 03:21 | 日々の出来事
<< ちゃんとやること 国府さんと「中山」へ行く >>