「ネスパ」の「関西風なトルコライス」はうまいぞ!

B級グルメの代表格?トルコライス・・・盛り合わせご飯とでもいうものか。日本橋にはこれをメニューで出す店が何軒かあり、あの「たいめいけん」にもあった。でも最近ちょっと注目されている感じがある「トルコライス」である。

正しいトルコライスがどういうものか、実は知らない。ナポリタンとカレーピラフとカツという組合わせだという人もいれば、ハンバーグになったりメンチカツになったりと多彩。もともと長崎のものとされているが、関西風のトルコライスは全く別もの。チキンライスの上に薄い卵を敷き、この上に豚カツを載せてデミグラスソースをかける。「ネスパ」のトルコライスはまさに関西風、卵もトロトロ、薄いカツがまたなんとも良い味を出していてうまい!しつこくなく軽い感じで、トロッとした重さもある。良いではないの。ちょっと昔の日本食堂にあった「スパゲティ・ベロネーズ」を思い出して懐かしい。サラダも大盛でうれしいね。

a0041150_2155418.jpga0041150_2161522.jpga0041150_2162943.jpg
ハヤシやオムライスは濃厚すぎるかもしれない「ネスパ」だが、チキンライスは万人向きだね。「フレンダ」というランチメニューも、チキンライスがベースにエビフライがつく「大人の」お子様ランチみたいで好きなんだが、このトルコライスは気に入ってしまった。おいしい。この日は別に「ビーフとトマトのソテー」も戴いたが、こちらはシンプル。トマトソースではなくトマトも炒めてあるもの(笑)で、どちらかといえば「おつまみ系」だった。
by masa-hilton | 2008-02-08 02:22 | 趣味&グルメ
<< 佐世保での「スーパートリオ」は... 3台のピアノのコンサート@杉並公会堂 >>