佐世保での「スーパートリオ」は大成功 前編

東京は寒い日が続いていた。雪だの何だのがふると雪国よりも寒く感じるのが東京だ。私もいよいよ編曲だのコンサートだのでお尻に火がついてきている(笑)。心配事が絶えないのであるが、企画だの何だので打ち合わせも多く、時間もなく落ち着いてゆっくり食事もご飯も食べられない。そういう意味では演奏旅行は、ホテルにはピアノがないからね、マッサージを受けたりゆったりできるちょっとうれしい時間だ

a0041150_1047566.jpga0041150_10472699.jpgこの日はANA。ANAの第2ターミナルは使えるレストランがある。羽田は家からタクシーで15分ということもあってランチは空港ですることにした。使えるといっても行く所は「ドン・サバティーニ」でパスタか「かつ玄」のトンカツ。考えて「かつ玄」でヒレカツを戴いたが普通においしい。昔はもっとおいしいように思ったが、最近は「宇田川」の超おいしいヒレカツをしょっちゅう食べているので、何となく物足りなかった。でも充分というか、空港や駅でこのレベルの食事が出来るのは実に限られている。お弁当も「そらべん」と名づけられてからは、まずいものばかりになってしまったし、レストランも高いばかり高くて大したことのない印象だが、2000円でこのカツならば普通満足できるレベルなのではないだろうか。キャベツも大盛だしね。

さて空港は修学旅行生であふれていた。うるさいし凄いんだコレが。彼らは幸い後ろの席でスーパー・シートとはかなり離れていたので、乗ってからは静かに過ごせたが、待合は本当に大騒ぎ。そのスーパー・シートといえば出てくるお食事はいつも最悪。薬品くさい。この薬品臭は絶対に異常だし、味もすこぶる悪い。行きはクッキーだけでラッキー!快適に出発。

佐世保は久しぶりだ。前回はテノールのラ・スコーラさんとのコンサートだったが、今回も十八銀行の130年のお祝いコンサートということで超満員らしく、楽しみにしていた。佐世保の歌というか団先生が作曲された「西海賛歌」という大合唱の曲もご一緒することになっている。

長崎空港に着くと赤坂さんが私のバッグを取り違えてさっさと行ってしまう(笑)。実は全く同じバッグ。いつもいつも紛らわしくトラブルと爆笑の素になっている。別々に買ったんだけどね~。でも私の演奏旅行用バッグは通常1年で壊れているので、もう少しの辛抱ですよ~赤坂さん!ヴィトンのキャリーを持っている人も見受けるが、やっぱり1年で壊れるのかな?そのせいか音楽家ではあまり見ない。そもそも壊れたバッグを捨てるのが面倒なので、たいてい空港で買って中身を入れ替え、古いのはお店で捨ててもらう。だから、同じようなバッグになってしまうのは仕方がないことじゃな。

佐世保の夜は別行動。以前行ったときに「重兵衛」という寿司屋に行ったことを思い出して、ブラブラ歩いていて見つけたのだが、やっているのかどうか外見からはわからなかった。この寿司はネタも多く上品な感じだったのを思い出すが、酢飯が今ひとつだったような・・・。温かいものの方がいいかなと目立っていた中華料理の大きな店「東風」にはいる。

a0041150_1055038.jpga0041150_10552097.jpg町も、このホテル周辺では本当に人が歩いていない感じだったが、お店の中も誰もいない。この「東風」は相当大きな店なので、ここで貸しきり状態はちょっと辛かった。バイキングがおすすめで、着席で好きなものをガンガン食べられるようだが、さすがにこの寂しい状態でのバイキングは辛い。結局「酢豚」と「春巻」。大変安かったので何も文句は言えないが、う~ん、内容も寂しい食事だったかな(笑)。後で聞いたら「ちゃんぽん」がおいしい店だということ。そうだ!長崎は「ちゃんぽん」だった!でもあまり麺類は戴かないのでOK。店内にドビュッシーのピアノ曲が流れていたのが楽しい。非常に荒っぽく、でも演奏効果がよく考えられていて、自分のイメージとは全く違うけれど、嵐のような「ブラボー」がもらえる演奏かもな~とか思って聴いていた。

歩いていると危険なバーの風情・・・そして覘くと商売で鍛えたお姉さまが食事をしている感じの「ブルースカイ」という店があった。見るとハンバーガーとコーヒーとある。佐世保といえば佐世保バーガー。もしかしてこの店は超うまいかもしれない!「東風」を出てから見つけたんだよ、しまったな~!明日こそここに来よう。決意してホテルに帰り映画三昧!この夜見たのは「リーピング」。悪魔の話はやはり外国物に限るね!ストーリーが面白いよ。オカルトついでに「呪怨2」も見たが、こちらはあまり怖くもなく、ゆっくり寝られた。

a0041150_11105995.jpga0041150_11181662.jpg翌朝、コンサートの当日はゆっくり起きてしまって、朝ごはんはスキップ。赤坂さんから写真付きメール。「近所の天ぷら屋で食べてます、店は貸切。」もう既にお昼、一応昨晩の「ブルースカイ」を見に行ったがやっていないので、赤坂さんの「天虎」に合流した。やはり人はいない。ここでは「お刺身定食」を頼んだが、ビックリするぐらいの量が来た!味はごくごく平凡だが、いかそうめん等がいっぱい乗ったお盆のセットから始まって、フグ、タイ、マグロ、焼いた牡蠣、茶碗蒸し等々大サービスは平凡じゃない。とにかく1500円でフグがつくのはビックりだ。これはなかなか良かったね。デコポンまでついていたが、実はコンサートのほうではお弁当が出なかったので、ここでたくさん食べておいたのは運が良かったのだった。   つづく
a0041150_11124121.jpga0041150_11125858.jpga0041150_11131433.jpg
by masa-hilton | 2008-02-11 11:29 | 日々の出来事
<< 佐世保での「スーパートリオ」は... 「ネスパ」の「関西風なトルコラ... >>