佐世保での「スーパートリオ」は大成功 後編

a0041150_1292313.jpg今回は十八銀行の記念コンサートということで、地元合唱団とのジョイント。言ってみればお祭りコンサートだ。アルカス佐世保のような大きなホールで楽しく華やかにということとなれば、我々スーパートリオはピッタリの適役!足立さんもノリノリで一曲目のカルメンから会場を魅了。私もゴキゲンで気分がよかったし、赤坂さんも楽しそうにやっていた!大成功だ。

最後の「西海賛歌」は260人の合唱とだから、舞台監督の方はかなりご心配で段取りも時間をとってくださったが、リハーサルも1発でOK!もともとオーケストラと合唱の曲というので、本来は前奏はカットするはずだったのだが、誰が悪いのか(笑)それがこちらに伝わっていなかった。で、長い前奏をそれもクラリネット協奏曲ばりに変えてやることに準備しちゃっていたので、コレもやることになってさらにスケールアップ!かえって良かったね。とても喜んでいただけた。

お客様もとても楽しんでいてくださって、最初から良い感じだったし、時にアマチュアの合唱団は妙なテンションだったりするような場合もあるのだが、今回は皆さん適度に楽しみ、温かみもあり、良い感じでまとまっていて素敵だった気がする。こういう感じだったらドンドン参加させていただきたいなあと思うほどだ。全く疲れないし楽しい。小さいお子さんから熟年までだったから、ファミリーな気持ちがあって良かったのだと思う。これは企画の勝利だ。

上機嫌で「じゃ、ご飯にいこう」ということになったら、主催者の方は私のこのブログを読んでいて「こりゃよっぽどおいしいところを紹介しないとやばいぞ~!」と頭を抱えていらしたという(笑)。それで紹介されたのが美食クラブ「花のれん」。さて佐世保と言えば、あの有名な「ジャパネット・高田」の本拠地!「花のれん」は、そのジャパネットの高田社長が常連&御用達のお店だそうだ。

いるいる。ちょっと過密すぎ。ごちゃごちゃごった返したいけすだ。おいしそうなウマヅラさんもいる。上のほうにはあまりにも大きすぎるミル貝とか伊勢海老くんとかオコゼさん、ウツボまでいた。ちなみにウツボはペットとして飼われているんだそうだ。前菜は特別に変わった感じがなく、スタンダードだがどれも味が良い!「いや~ここはうまいんじゃないの?」と赤坂さんとテンションが上昇!出た~!マーチンの大好物の「イカの活造り」。そうか、ここは九州だ。呼子も近い。ああ~うまいね!これは前にも書いたけど、食べたことのない人は必ず食べるべきものだよ。今回はさらに元気に動いていたので「斎藤さん!動画だよ動画!」と赤坂監督からの指示もあったが、とりあえず写真でね。残った部分は天ぷらで後から登場する。去年は名古屋で戴いたっけ。

a0041150_1474834.jpga0041150_1482328.jpga0041150_1485177.jpg
刺身は続いて次は馬刺!これもうまい。あまりとれないお肉の部分も混ぜてあって、何よりも新鮮だし柔らかくとろけるようにシコシコと(ちょっと矛盾しているが・・・)うまい!さすが九州だ。こういうものはね、こっちに来ないと食べられないよ。続いて伊勢海老の活造り。そこにマグロの中トロとヒラメの刺身が相乗りしている。伊勢海老はこたえられないくらいのうまさだ。何だろうこの甘さと歯ごたえは。ヒラメはえんがわもプリプリだし鮮度が違う。伊勢海老の足がバタバタ動くたびに、また赤坂監督から「斎藤さん動画で~!」と指示が飛ぶけど、これも写真でね(笑)。伊勢海老は後でおいしいお味噌汁になって出てくることになる。その後はたけのこ。コレも絶妙な味付け。ここは相当うまい店だよ。東京でもあまりないレベルだ。高田社長は良いもの食べてるな~。

a0041150_1511944.jpga0041150_1494765.jpga0041150_263371.jpg
次は「牛ステーキ」。血の滴るような洋食風なものではなく、極上の肉をまるで角煮のようなテイストの和風に仕上げた所が憎いね。いやあ、おいしいよ。次は鳥を酢豚風にしたものだけれど、どちらかといえば南蛮漬のような風味。そして先ほどのいかの足が天ぷらで。一瞬会話が止まったほどのおいしさだ。いかの活造りは本当にすばらしいね~。

a0041150_210399.jpga0041150_2103883.jpga0041150_2135269.jpg
最後は先ほどの伊勢海老による味噌汁と、鯛めし。鯛と一緒に炊き込んだご飯だが、生臭さが微塵もない。上品でコクのあるおいしい炊き込みご飯だった。デザートも和食にありがちなシャーベットとかじゃなくて、ちゃんと手が入ったフルーツのゼリー。参りました。超おいしい店「花のれん」。また来たいなあ!これは記憶に残るうまい店だ。

a0041150_452973.jpgま、そんなことでおなかいっぱいになっちゃって「ブルースカイ」には行けなかった。今回唯一残念だったことかな。後から聞いたら「ブルースカイ」は有名店で、佐世保バーガーの老舗ということだった!マジおいしいんだそうな。そして夜しかやっていない(笑)。ぜひ次回は!

夜は気分がさらに良く映画は「300」を見た。最近の映画はCGがスゴイから、監督の頭に描いた美しい画像が見事に具現できるのだなあと思いつつ、何日か前に見たカーク・ダグラスの「スパルタカス」みたいな古風なもののほうが、人間的で好きだな。映画人は美しい映像にこだわりたいのだが、一般人からすればそこはそれほど重大ではないというのは、若いピアニストのハイテクニックを聴いても、ルービンシュタインのほうがうまいと思えてしまうようなことに似ているかもしれない。さて「300」は、スパルタ人300人でペルシャ人100万人と戦う映画だが、その心意気よりも、主人公が死んでしまうのがイヤだね。いつもヒーローは、くだらない人の裏切りにあってやられちゃうのが悲しい。そういえば韓国の南大門が放火されたようだが、どこの国でもそういうくだらないことをする人がいる。日本でも誰かが真似して変なことしないといいけれど。

帰りの飛行機では見事にお昼時間にあたり、機内食「押し寿司」が登場。薬品の香が脳天を直撃した(笑)。ついつい食べちゃったんだ(泣)、食べなきゃいいのに。
by masa-hilton | 2008-02-12 02:59 | 日々の出来事
<< わお~ 佐世保での「スーパートリオ」は... >>