「ほっ」と。キャンペーン

引きこもりながら何を食べていたか(笑)

と、タイトルを打ってみたものの馬鹿馬鹿しいような気もしてきちゃったな・・・・(笑)。当然新しい店の開拓はできなかった。

a0041150_3204286.jpga0041150_321285.jpgまず忙しかったり引きこもっていると一番困るのは時間。外食100%の自分としては、やはり世間のランチタイムとか深夜に至らない時間に出歩かないと、おいしいものにはありつけない。そういう時には「北海道」という手がある。チェーン店の飲み屋さんだから、もう皆さんお馴染みでしょう。もちろん「吉星」みたいな店と比べちゃいけないけど、馬鹿に出来ないおいしいメニューだってあるよ。休日も「困ったときの北海道」とか行って食べに行くこともある。ちょうど蟹も刺身であってこれなら充分!ファミレスよりまし!

と言いつつ、同じ理由で「ガスト」も行っちゃった(笑)。安くてお馴染みの「ガスト」だけどプレミアム・ハンバーグなら大丈夫。結構おいしいと思ったけど、慣れてくると少し塩がきついかなと思うようになった。何回か食べた。

a0041150_3293065.jpga0041150_329504.jpgやっぱり鰻だよね。ウナギは大好きだから食欲がない時は最高。「大和田」(左)に行ってお昼に鰻を食べて、ついでに夜の分のお弁当を作ってもらって昼と夜に鰻!これだと気分もウキウキする。また「大和田」の鰻弁当が最高にうまい!問題はちょっと待たされるのと、ランチタイムにきちんと外に出れるかどうかだけだ。

また打ち合わせに出かけた時に、赤坂達三さんと渋谷の「松川」にも行ったな。彼は鰻好きなようで、時折ご飯のときには「鰻にしましょう!」と付き合ってくれる。「松川」に行ったらやはり「いかだ重」でしょう。これでも何となく物足らないくらいだ。「松川」は母親が昔お気に入りだったので、子供の頃から食べていた鰻屋さん。食べると懐かしい気分がして落ち着く。

a0041150_3404752.jpga0041150_3412033.jpgよく行ったのはお蕎麦の「甲州屋」。蕎麦は細く上質な感じがするし江戸流だ。温かいのはちょっとつゆの味が自分と違う感じなので食べないが、冷たいおそばはこの辺りでは気に入っている1軒。さらに(前にも書いたが)ここは丼とのセットが充実している。おすすめは天丼とのセットだ。この天丼がまた妙に甘いタレで癖になる。この甘~い天丼と細い上品な感じの蕎麦は好みがあるので万人向きではないかもしれないけど、結構気に入っていて時々どうしても食べたくなってしまう。冷奴、お味噌汁までついているのでおなかいっぱいだ。また私の大好きな、そして具合の悪い時の病人食でもある「かき玉うどん」も食べてみたが、これはしょうがが乗っていて別物!イメージとは違って残念だった。「かき玉」は「松竹庵」か「東嶋屋」だね。

a0041150_359930.jpga0041150_359299.jpg「天丼」はね、「鰻丼」と同じく大好き!1週間に2度は戴いてしまうんだけど「エビフライ」も大好きで毎日でも良い。「エビフライ」といえばトンカツの「すがや」。相変わらず大ぶりの、そしてとても家庭的な感じで揚がった「エビフライ」は健在で、うれしく通った。

おなじく「エビフライ」が捨てがたい「ネスパ」のランチ。前にも書いたが「ネスパ」のランチは「ハヤシライス」か「チキンライス」に「エビフライ」がつく。昔はずっとここの超・濃厚な「ハヤシ」がお気に入りで食べていたんだけど、最近は「チキンライス」にはまった。この「チキンライス」は本当にうまいし「エビフライ」との組み合わせが何とも「お子様ランチ」的なイメージで、忙しいときには童心に戻れてリフレッシュ!

a0041150_4105874.jpga0041150_4113175.jpg危なく食べはぐってしまいそうだった「三友」の「牡蠣フライ」もしっかりいただいた。人形町の名物の1つ。この俵コロッケみたいな中に牡蠣がぎっしり詰まっている。3月いっぱいだからね。無理をしてでも食べに行った。

あとは中華とか、普通に雑多にバタバタと食べていた。これ以上はきりがないので今日はこの辺で(笑)。やはり落ち着いてお店の人とお話をゆっくりしながらがいいなあ。精神的にもあわただしいのは良くない。とはいってもわれわれは時間との戦い。おうちで「粒みかんジュース」を飲みヨーグルトを食べながら、ガチャガチャやったからこそ編曲もできた。そしてそこで終わりではない。今日はのんびりしちゃったが、実はそんな場合ではなかったよ(笑)。ヒイ~~!
by masa-hilton | 2008-03-21 03:10 | 日々の出来事
<< 「魚新」で天ぷら定食 ようやく一段落 >>