いわしはいわし、鮎ならず(笑)

銀座のはずれ、かなり新橋よりにあるこじんまりとした割烹の「いわしや」に行く。実は老舗だったりしたのだが、ふらりとはいってしまったので知らないで食べた(笑)。おまけに名物の「南蛮漬け」も食べ損なったのだ。あはは。

名前の通りにここは「いわし」の専門店。本当に「いわし」しかない(笑)。刺身、酢の物、フライ、から揚げ、竜田揚げ、ハンバーグ、ぬた・・・と何から何まで「いわし」。夜でも定食があり2500円ぐらいでおかずが1品。「いわし」から来るイメージだと安くはない。コースは5000円からだし馬鹿に出来ない。さすがに5000円出したくなかったので(笑)、アラカルトで4000円にまとめた。この値段さえ許せるのなら、とても良い店だ。刺身はもっと大ぶりのものをベロベロ食べたいが(笑)、基本的にはどれも上質、思い出せばおいしいものばかりだった。

a0041150_0321488.jpga0041150_0323466.jpga0041150_0325352.jpg
a0041150_0331495.jpga0041150_0333892.jpg特においしいのは「酢の物」と「つみれ入りの白味噌仕立ての吸い物」だ。上品でまろやかで、とてもすばらしい。こんなおいしい「味噌汁」を飲んだことがあったかな?と思うくらいだね。

刺身も小ぶりながら新鮮。竜田揚げはから揚げやフライのほうが好きな人もいるだろうが、モチッとした感触で、中はふんわりとしている感じ。塩焼きもおいしい。おいしいけど・・・・どうやっても「いわし」だから。鮎ではないからね、おうちで食べているのとそうは変わらない。ここが泣きどころだ。

お店はきりっとしたおばあさまがやっている。江戸っ子だろう。キップも良いし、ちょいと頑固な風情があって手ごわい感じだ。でもホントは優しく気がつく。粋を感じさせる店だ。
by masa-hilton | 2008-04-24 10:42 | 趣味&グルメ
<< 「福臨門」の点心でランチ・タイム! 新しい楽譜 「極上のピアノ」  >>