Aux amis des vinsで、とりあえずランチ

銀座のちょっと隠れた路地にあって、わざとフランスの路地裏の古いビストロを思い出させるように、人気の高い有名店なのに一見オンボロ風にも見える外見(笑)。知る人ぞ知るオザミデヴァンでランチ。名前の通りワイン好きが通う名店。そんな店でもワインを頼まず食事だけをする天下御免の大馬鹿者のマーチン!でもお料理もなかなかいけるのじゃ。実は全く気取る必要のない店なのに、昼間のランチもワイン片手にウンチク三昧おやじやデートの方、ちょっとセレブなマダムたちの御用達。気軽なフレンチということを謳っているのも、やはりワインがメインとなればあまり食事が高いと庶民じゃ行けなくなるからだろう。それでも4人ぐらいで行って、考えずにガンガン飲みだすと7~8万いくという。いくでしょうね(笑)。硬いことは言わず、銀座で深夜2時までやっているのはうれしいことだ。味わいある良い店。

こちとらは飲まないので、またまたメニューに好き嫌いを申し出て、色々変えて出してもらった。これがまた正解!おいしかったよ。

a0041150_5432519.jpga0041150_5434511.jpga0041150_544110.jpg
a0041150_5475978.jpga0041150_5482296.jpg平凡といえば平凡、誰もが想像する味ではあるけれど、とてもフレッシュな印象の鯛のカルパッチョから始まり、ビーツの冷製ポタージュ。酸味のありそうなイメージだけれども、まろやかでこってりしていながらしつこさもなく、無難にスルー。魚はメニューが変更になって「鮭のポワレ」と聞きガックリ。なのでハーブ系のソースをやめてもらって、無理言ってバターを使うしっかりとしたソテー風なものにしてもらう。これがおいしかったね。大いに満足。続く肉は「牛ランプ肉のステーキ」だが、焼き具合も良くとてもおいしい。フォンドボーベースのソースも良かった!デザートは特製の「高貴なプリン」。やや甘めながら、さすがにおいしい。私はワインがなくても充分満足できるメニューだった。ちなみに姉妹店の和食「銀座・大野」もおいしそうだよ!ミシュランで星を獲得したということだし。
by masa-hilton | 2008-05-14 06:20 | 趣味&グルメ
<< 365歩のマーチ 消えた「風楽」 >>