今日もまたまた太田鮨に行く

私は鰻はどんなことがあっても週3~4回は戴くが、お寿司もそれについで多い。週2回はあたり前である。今日は「たぬき鮨」に行こうとしたのだが、何とビルが閉鎖!!え??なんと、水天宮の「たぬき鮨」は廃業だという。え~~~!もっと廃業したほうがいい鮨屋がいっぱいあるのに(笑)。なんて残念なことだろう。建物の老朽化の建て直しでのことから始まったようで、もう閉めて一月らしい。あの名人の板さんはどこに行かれたのかな?でも人形町はお鮨屋はいっぱい。私にも「太田鮨」があるので困ることはないが何か寂しい。で続けて太田鮨に行った。

a0041150_115684.jpga0041150_1152735.jpga0041150_1163394.jpg
a0041150_119779.jpga0041150_1194736.jpga0041150_120517.jpg
a0041150_128192.jpga0041150_1272420.jpg季節的にお寿司がおいしく感じる。前回のどアップ写真が大変好評だったので、今回も負けずに行きましょう!本当にみずみずしいものばかり!今日もやたらに戴いてしまったが、久々の海老の「おどり」もおいしかったし「とり貝」はいつもながら絶品だ。おいしいよね。「コハダ」はいつもと違う「身」の薄い物、こちらのほうが普通に寿司屋で食べる「コハダ」だ。私の趣味ではいつもの「太田鮨」ならではの身の厚い「コハダ」のほうが好みではあるけれど充分。「鯛」は季節柄大ぶりで味のあるものが戴ける。そして名物の看板メニューの「煮ハマ」。これは日本一でしょ。誰もかないません。見るからに最高。そしてお江戸の「玉子焼」。この甘い味じゃなければ江戸前とは言えないね。日本橋の玉子焼ここにあり。これじゃなきゃ満足できないよ。

このほかにも「赤貝のヒモ」だの「かつお」だのやたらに食べてしまった。焼き物は「ホタテのお醤油の付焼き」、シンプルだけどこれも好き。シメは私が提案した新メニュー「吉原巻」。どちらかというとバッチリ漬かった「ヅケマグロ」と奈良漬のコンビネーションは渋い大人の味。お寿司はいいね。やめられない。人形町といえば超有名店の「喜寿司」もあるが、ランキングでそれを抜き去っている「太田鮨」。さすがのうまさだ。
by masa-hilton | 2008-06-10 01:38 | 趣味&グルメ
<< 銀座の隠れ家「レ・シャンソン」... カールステッドさん、心地よく大成功! >>