「中山」に行って、新しい鰻の「心天」を知る

昨日の夜は天麩羅の「中山」へ。おいしいおいしい「かき揚げ丼」を戴いたのだが、主役の天麩羅もさることながら、小皿のおいしさは天下一品。昨晩は山菜を中心にしたものだったが、家庭料理の温かさもあって、とても嬉しくなるものばかりだ。茨城の生トマトもおいしい。子供の頃は、トマトなんて嫌いだった。それは父親がソースをぶっかけて食べるせいもあったと思うのだが(関西では普通ときく)が、ここのお店に来ては大変楽しみで、ペロリと丸ごといただいてしまう。

a0041150_2311330.jpga0041150_2312871.jpga0041150_231427.jpg
さてその「中山」さんで、通りの向こう側に新しいウナギ屋さんが出来たと聞いた。見ると赤ちょうちん!「鰻の居酒屋」とある。せっかくだから今日のお昼は、この「鰻の居酒屋」である「心天」に出かけた。お店の中は完全に居酒屋。お昼のメニューを見ると「鰻丼950円」「鰻重1300円」「特上鰻重2200円」とあった。お安めだ。当然2200円のものを食べなければならない。また「ひつまぶし1800円」、蒸さない「関西重」等もあって興味津々。今日の結果がどうあれ、色々食べて見たいお店だ。

夜は飲み屋でこうした鰻重のほかには、レバー、つくね、かしら、赤バラ、白バラ等の串焼きもある。これが焼鳥かと思ったら、みんなウナギ!鰻づくしなのだ。だから肝焼きとは違うレバーはウナギ100匹分のものを集めて1本になるとか。「日本でただ1軒の店です」と本当かどうかわからないが自慢していたが(笑)、珍しいのは確かだ。だから「三好」のように一流鰻専門店のように鰻の値段が高く、その割にはほとんど他の仕事に追われていて、何で鰻屋の看板が出ているのかわからない・・・という居酒屋とは全く違う。この鰻の串焼きは16時半から「お土産」にもなるそうだ。

a0041150_2593211.jpga0041150_2594994.jpga0041150_30461.jpg
さて特上の「鰻重」はご飯が別になった形。鰻自体はいわゆる「飲み屋」の鰻の系統、「えんまん亭」とかに近いのかな。柔らかい鰻であるからそう感じたのかもしれないが、その系統ならばかなり良いと思う。それで2200円というの高い?いや、そんなこともないだろう、ボリュームはあるし味自体悪くない。見るからに高級志向だって、「日本橋宮川」のような鰻じゃ腹が立つだけだ。ここ「心天」はさらにサービスで「つくねの串焼き」を出してくれて、これがものすごくうまかった!今回の「鰻重」なら私の好み的に「大和田」に行ってしまうと思うが、この串焼きはとてもとても価値があるかもしれない。超おすすめだ。私もしばらく通って様子を見たい!気軽な感じの鰻だから、少し安い「鰻丼」を取って串焼きをいっぱい頼んでみるのが上策だろう。ご主人は親切な人で肝吸いも2杯サービスしてくれた(笑)。まだオープンして2週間程度らしい。その後の「心天」の情報はこちらこちらで。

「後日談」その後何回か通って、すっかりお気に入りになってしまうのだった(笑)。
by masa-hilton | 2008-06-13 03:14 | 趣味&グルメ
<< あと35回 銀座の隠れ家「レ・シャンソン」... >>