「ほっ」と。キャンペーン

あち・あち・あちち その1

a0041150_416668.jpg体調が悪いわけでもないが、睡眠不足。よっていつものように頭痛に悩まされる。ヤマハのHP用の編曲の曲目が、二転三転してしまって、結局出来上がりつつあった曲は廃棄して、新たに作り直すことになったりで、仕事が終わらない。これはダメ出しをされたわけではなく、新たなアイデアがあり、それを取り入れたほうが面白そうな曲が出来るので、あえてやり直しさせてもらっているのだ。労力がかかっても良いものが出来たほうが良い。私達は自分のために、自分のやりたいことをやっているのではなく、少しでも皆さんに喜ばれるものを作りたいと願っている。それが我々の仕事の基本だから、これはあたり前だし楽しいことでもある。ただし大変は大変(笑)。スーパートリオのCDと家田さんのCDの音も上がってきているので、これも細かくチェック。そして演奏会。演奏だけしていればいいというようなのは若いうち、学生のうちだけのことだね。プロがこんなに大変だとは誰も教えてくれなかったしね(笑)。

そんな訳で頭痛ともなるとさすがに食欲も落ちる。前日まではウナギ食べたりして平気だったんだけれども、今日は頭痛薬で胃も荒れている感じがしたので、お昼は私の「病人食」の「かき玉うどん」。実は大好き!頭痛だったから今日は「松竹庵」のでは少し濃すぎるかなと思って「東嶋屋」に行きたかったのだけど、これがちょっとタイミングが悪く「松竹庵」しか開いていなかった(笑)。でも仕方がないね、ササッとかけこんでイザ出陣。おおお、十分に旨し!

今日はもう出かける日だ。夜6時半から富士のロゼシアターで広瀬悦子さんとのリハーサルがある。今回は初めてのプログラムだったので、リハもしっかりやらなきゃね。とにかく出かける寸前までいろいろな雑用に追われて、目が回りそうだった。新幹線の中はJリーガーのチームと一緒。とても礼儀の正しい人たちなんだけど、ふざけあったりして子供みたいでもある。でもうるさくない(笑)。やはりその道を究めている人たちって、普通じゃないんだなというような(笑)不思議な雰囲気の一団だ。追っかけのような?きれいなお姉さんたちも乗っていて、それはこちらも大歓迎。静かなグリーンで少し寝れた。そして富士へ。ロゼシアターはいつもコンクールの審査員で、先生方と4人で連れ立って行くので、1人でタクシーに乗っているのが不自然な感じだったね(笑)。

広瀬さんは既についていて練習中だった。相変わらず素晴らしい。美人だし演奏も飛びぬけて凄いし、人柄もチャーミングだ。フルパワーでやらないととても太刀打ちできない人なので、リハからヘロヘロになる。しかしこのヘロヘロの理由の1つが、何とも暑いことだ。まだ梅雨明けしていないのにビックリだよ、34度とか言ってるし。実は富士の次の日はイベント・コンサートで審査員もやらなきゃないので、移動もスーツで行ったんだけどヤバイよ~暑い!アチアチアチ!とにかく暑いのは大嫌いだから、ピアノ弾く前からグッタリ状態だったかも(笑)。

a0041150_4443430.jpga0041150_4442091.jpg夜は父子共々お世話になった仲澤先生が「一緒にご飯を!」と助け舟。これでリフレッシュ!お話も弾むし、とても楽しい良い時間。感謝感激でワイワイはしゃぐ。宿泊もした「ホテルグランド富士」のレストラン「グラース」は昔からよく行っていたところだ。ホテル自体もリニューアルされてきれいになっていた。お部屋の感じも静岡のアソシアなんかよりずっといいね。コースを戴いたのだが、正統派のホテルのレストランという感じ。昔、帝国ホテルとかでディナーを食べるとこんな感じだったなあと思わせる(笑)、どこかレトロな日本人ならではのフレンチ。懐かしい気分だったし、熟年のフロア・マネージャーがまた格式を感じさせグー!(笑)スープは冷たいのかと思ったらアスパラガスの「温かい」スープ。ちょっとソラマメのスープに似た味がした。
a0041150_4454260.jpga0041150_4461684.jpga0041150_4463149.jpg
ところてんの下がソラマメのムースだった。何となく懐石の感じがするフレンチのコースだ。真鯛の焼き物はクスクスの上に乗っている。別に何の違和感もなくステーキに。定番って感じ。奇をてらわず真正面から来たなという感じのご飯は、なかなか食べ甲斐もある。こうしたホテルらしいコースは、伝統あるホテルでしか食べられないものだ。貸切状態だったしゆったり出来て本当によかった。仲澤先生に大感謝だ。

a0041150_6572315.jpga0041150_704551.jpgとまあ「グランド富士」をほめあげてみたが、朝8時半にいきなり電話で「お客様、お食事が出来ております。」とたたき起こされた。これはキツイ~田舎の民宿みたいだよね(笑)。というのはご飯はひとり一膳ずつという、今時珍しいタイプだから。見ると納豆がない!そして鮭の塩焼き!でガッカリ来ちゃうんだけど。鮭の塩焼きはどこでも食べられるでしょ?おいしい西京焼きだとうれしいけど・・・・で、食べてみるとこの御膳!とてもおいしい。静岡が本場の「わさび漬」等の珍味もうまいし、シラスもうまい!里芋の煮たものも実にうまく炊けている。てなワケでご飯3杯も食べちゃった。おなかいっぱい。満足。

ふと眺めればホテルの中庭はすでに暑そう。実際立っているだけで汗が流れてくるような、恐ろしい1日となる・・・・・アチアチアチ!つづく
by masa-hilton | 2008-07-08 06:16 | 日々の出来事
<< あち・あち・あちち その2 湘南台文化センターでのコンサート >>