あち・あち・あちち その3

a0041150_0231868.jpga0041150_0234551.jpg早朝に名古屋から山口に移動。それでも東京からじゃなくて良かった。新幹線だと山口は遠いからね~。この日の名古屋の朝は超暑い。ムシムシムシムシ。でも人はたくさん。賑やかなことこの上なし。朝なのにみんな元気(笑)。

無事に山口に着くと、今度は長門へ向かう。同じ山口でも長門は日本海側のほう。だから駅から車で約1時間強かかるので、これもまた大変だ。しかしのどかで美しい自然に囲まれて楽しい。鍾乳洞や滝等もご存知のように有名なものが多く、あまり1人で、それも仕事で来るような場所ではない感じだ。ゆったりとした気分になるがそこは、アチアチアチ!やはり暑いのにはかなわない。ルネッサながとは2回目。そうだ!客席に提灯があるところ!歌舞伎や伝統芸能にも対応したホールなのだ。

イヴェントもコンサートも無事終了。あ~終わった。良かった!安堵感でいっぱい。とにかく暑いツアーだったので疲れ方もいつもとはまた違う。しかし今回はとても有名なすばらしい温泉宿が待っていた。大谷山荘だ。

a0041150_0313284.jpga0041150_0315853.jpga0041150_0331697.jpg
a0041150_036665.jpga0041150_0362635.jpg落ち着いた風情も素晴らしい、温泉旅館としても実にきれいな豪華なホテル。川のせせらぎを聴きながらお風呂も楽しめる。お部屋も落ち着いているが、お部屋からの風景(写真右)がまたきれいだ。

温泉は充分に広い。露天風呂もあってすばらしい。疲れがとれる。この日は男性客が少なかったらしく、悠々入れてまた嬉しかった。

そばにコンビニがないので、売店も夜10時ごろまでやっているし、レストランも12時までやっている。ちょっと寂しい感じだが外国人のショーも(笑)!ただレストランは軽食のみだ。これは困ったな。でもわがまま言うのは得意なので、いろいろ作ってもらえた。

主催者から「好きに食べてください」と言われていたので、逆に遠慮してしまった。自腹ならば当然「鉄板ステーキ」とかガンガン食べちゃったけれど。あまり非常識な値段にならないようにしたつもりだけど、それでもけっこう高いから今頃驚いていらっしゃるかな(笑)?ごめんなさい。

まずは「イカのてんぷら」。これは凄い量だったし味もなかなか。ただ天つゆがなかなか出てこない。塩で食べろって?おやじの遺言でそれは出来ないのよ。次はお造り。けっこうなお値段だったようだけど、今ひとつ。このあたりは「ウニ」がおいしいはずなのに、やっぱり北海道モノにはかなわないな。そして「じゃこの釜飯」!これは期待していたのに、なんと釜の中には白いご飯だけ!!これに「じゃこ」を自分でふりかけて出来上がり(笑)。まずくはないけど・・・・・なんか虚しい。トホホ。お吸い物は伊勢海老の赤だし。できれば赤だしじゃないお味噌でやって欲しかったな、せっかくの伊勢海老の味が赤だしに消された。

でも文句を言っちゃいけないと思うんだ。もともとお部屋で、家族やカップルで食べるような趣旨のご飯だから、こんな1人でモサモサ食べているほうが悪い!ところでホテル特製の「ウニシイタケ」これはとてもうまい!お土産にもおすすめだ。 つづく

a0041150_04810100.jpga0041150_0483027.jpga0041150_0485371.jpg
a0041150_0495166.jpga0041150_0502463.jpga0041150_0504919.jpg

by masa-hilton | 2008-07-14 01:06 | 日々の出来事
<< あち・あち・あちち とその後 あち・あち・あちち その2 >>