居酒屋「三友」の夏のランチは絶品の「カツオのフライ」

a0041150_1884719.jpg冬場になると、絶品でもあり壮絶でもある、あの「牡蠣フライ」で知る人ぞ知る人形町の有名店「三友」。渋い感じのお店で、きちっとした感じの空気が良い。夜は飲み屋さんで、ご飯(お米)の用意があるかどうかわからないので、飲まない私はランチにしかいけないのだが、冬場のあのすばらしい「牡蠣フライ」がオフの時期は、逆に夏季限定で「かつを刺身定食」というのが入れ替わりで登場する。これもなかなかなのだ。

カツオの刺身は厚切でけっこうボリュームもあって良いが、刺身だけなら別にどうということはない。もちろんお値段が1050円だから、その割にはサービスは良いけど、味は普通だし、ショウガ醤油で食べるわけで、好みによっては「ぽん酢」や「にんにく醤油」のほうが良いかもしれないとかも思ったりもするだろう。注目はこの定食には「カツオの中落ち」の部分をお団子にしたフライがつく。これが超うまい!!魚の肉は火が通るとやや苦味があるため、牡蠣フライにも似た大人の味になる。中落ちとは言っても良い部分なので、刺身と同じ数しか出来ないのが、またそそられる。このフライだけを余計に注文したり、お土産に出来たらどんなに良いかと思うのだが、それは出来ないのだ(笑)。

そしてこの定食自体が毎日限定の10食だ。前はそんなことなかったような気がしたが、今年はそういうことになっている。この絶品「カツオのフライ」を狙って、また出かけよう!
by masa-hilton | 2008-07-31 18:14 | 趣味&グルメ
<< 8月になって、近況はダレまくり(笑) 深まる「キラク」の謎(笑) >>