ピザの人気店「UNO」に行く

人形町・甘酒横丁の「da babbo」が出来たときは、もともとピザが好きなので喜んで行ったのだが、ちょっと好みと違う・・・・お料理も今ひとつという感じで、江戸橋の「uno(ウーノ)」が断然うまいと思ってしまった。その後「da babbo」には全く行っていないが、場所がいいこともあってここは大変繁盛している。でも今日「uno」で食べた感じだと、「la 2 mela(ラ・セコンダ・メーラ)」のほうが良いかな?なんて思ってしまった。ピザというのは職人が入れ替わることが多いのであろうか、その都度印象が変わることもよくある。「la 2 mela」も最初行ったときはパッとしなかったが、最近はピザ以外のメニューもおいしく、この辺ではけっこうお気に入りかもしれない。もともとここら辺では緑道の果てにあった「Rotie」というカフェ・バーのような風情の店があって、ここのミートソースのピザが最高にうまかった。うまいのにこの店は潰れてしまった(門前仲町にはあるようです)。宣伝かな~。最初は閑散としていた近くの「BROZERS’(ブラザーズ)」というハンバーガー店は、今や大人気店となり行列!でも私はちょっと苦手だから(笑)、個人の趣味なんてあてにならないわけで、おいしい店だっていつ潰れるかわからないということだ。

a0041150_7122478.jpga0041150_7124571.jpga0041150_7141756.jpg
「uno」は細かいメニューもなかなかうまい。サラダは特にいいね。生ハムとニンジン・レタスをバルサミコのドレッシングにうまくからめてとても良い。また「にしんのマリネ」もオニオン、オリーブオイル、ケッパーを使ったと普通のマリネだが、丁寧な作りに大満足。おいしい!ただ「イカのトマトソース」はイカの素材が良くないか、トマトソース自体が薄いか、ガーリックが弱いかでちょっとつまらない。この時点でパスタのボロネーゼやラザニアを注文する予定を変更してしまった。おいしいラザニアを出す店は日本では少ないので、本当は試してみたかったのだけどね。

a0041150_7152547.jpga0041150_7154472.jpg肝心のピザは、ナポリ・ピザで「4種のチーズのピザ」を頼んだのだけれど、これがちょっと期待を下回る。どうしてかを考えると、やはり「アルポンテ」や「サバティーニ」でもっと上質のチーズを使ったパスタを食べているせいだね。あれはうま過ぎるからね~基準にしちゃキツイけれど仕方がない。またベーコンやなんかの具材ではないせいか、ピザ生地の焼きも薄い割には重い。「da babbo」もそうなんだけど、石釜があるのにどうしてこういう風に焼くのかな?流行なのかな?意味がちょっとわからない。もう1枚ニューヨーク・タイプのピザを「海老」で戴いたが、こちらの方がパリパリ感があって、ずっと良かった。ゴーダーチーズが乗っているのは好みは分かれるとは思うけど、チーズ大好きなので私はOK。期待していなかったが、こちらなら何枚でもいけそうだよ。というわけで満足して帰宅。
by masa-hilton | 2008-08-04 13:08 | 趣味&グルメ
<< ヤナーチェク弦楽四重奏団との共演 8月になって、近況はダレまくり(笑) >>