鉄板焼のレストラン「仁」、とっても好きです!

a0041150_2303041.jpgいよいよ練習したり編曲したり、原稿書いたりしないと、間に合わなくなるタイミングがやってきた(笑)。そろそろ引きこもるかなあと思うと、また気が重くなってくるよねえ。今日はのんびり出来る最後の1日だ。土曜日だから選択肢が少ないけれど、お昼はいつものように鰻の「大和田」に行ってみると、お客様であふれていて大変。もう「肝吸い」も売り切れている。さらに不思議なのは小さい子供達が!そうか・・・・今日は水天宮の何かの日なのかな?この辺りは水天宮へのお参りを済ませた若夫婦達で、しばしばごたごたするのだ。しかしなあ・・・・小さい子を鰻屋に連れてくるのはどうなんだろう?鰻屋って大人の店だと思うんだよね。天麩羅もそうだけど。子供達もかわいそうな気がするし、実際泣き叫ぶことになりがちだ。

そんな訳で、ちょっと悩ましい感じもあったが(笑)、今日の鰻さんは特にうまかったなあ。このブログをしばしば見てくださってるかたは、「また鰻食べてるよ~」と呆れておられると思うが、実際はもっと食べてるの(爆笑)。さすがに毎日毎日鰻の画像は載せられないでしょ。

さて今日は夜になったら妙に和食が食べたくなってしまった。のんびりしてたから消費量が少なかったのだろうね。色々和食はあるのだけれど、和食ほど難しいものはない。そこそこにお高くなるし、その割にはということも多いのだ。それで決めかねてあちこち歩き回っていた。
で、どこに行ったかというと、鉄板焼の「仁」。なんだ全然違うじゃないの~!と自分でも思ったのだけれど、今日はカウンターも良い感じであいていたので入りやすかった。「太田鮨」さん推薦の店。そして「太田鮨」さんの向かいにある。人形町らしい温かで素敵な店。あちこちに行列が出来ているけど、この「仁」にこそ大行列が出来なきゃウソだ。でも常連はそれは困るんだ、微妙なところ。座っているだけで心が和み、おいしいお肉に超満足できる店だ。近所には「今半」の鉄板焼もあるので、今までそちらばかり利用していたけれど、こちらの方が断然良いよ。リーズナブルに色々な味で楽しめるし、大好きな家族が作ってくれたご飯という感じが、とても素晴らしい。

a0041150_2354167.jpga0041150_2364958.jpga0041150_2371344.jpg
今日はコース。え?食欲ないんじゃなかったっけか(笑)?これでもエスカルゴとかあきらめて、やっとの思いで決めたのだよ。まずはアミューズで海老チリソース(笑)。とても意表をついていて面白い。ビールには合うだろうし。何を隠そうランチの残りだろう。これが結構楽しみな感じ。まさに家庭料理の予感!そこへ登場するのがフォアグラのソテーだ。ホタテとポテトを従えた非常にアンティークな感じ。「アル・ポンテ」や「パリの朝市」等々のお洒落なレストランのいかにものフォアグラではない。これは昔の洋食屋で食べるフォアグラ。雰囲気とともにおいしさがにじむ。いいね、温かい優しさを感じる。サラダはきれいな器にはいっているが、ごくごく家庭的な感じだ(笑)。野菜の鉄板焼は良い加減でとても満足。焼き方が丁寧で、さすがのカンの良さというか絶妙な仕上がり。

a0041150_2393045.jpga0041150_2394628.jpga0041150_240442.jpg
a0041150_241272.jpga0041150_2414440.jpgそこへ「ロブスターの黄金焼」が登場!ここの名物の1つらしい。食べ進むとクセになる、そんなお味だ。昔、結婚式に行ったりすると良く出たメニュー、懐かしい味だ。とても幸せな気分になってくる。そしてお肉はさすがだ!焼加減が素晴らしいんだね。「今半」よりもずっと上手!達人だと思う。絶妙なレア具合を見よ!おいしい!ガーリック・ライスも強い味がついていて好み!ちょうど「宇田川」さんのようだね。こうじゃないと私はおいしくないんだよね。ご飯は「じゃこ飯」でも「ソースやきそば」でも良いとのこと。「やきそば」もうまそ~な予感。で、お吸い物かと思ったら「野菜のスープ」だ。牛筋と煮込んで味をつけているらしいけれど、これが最高!何これ?うま~い!というわけでお店の感じもいいし、毎日でも行きたい店の1つになった。
by masa-hilton | 2008-09-07 03:11 | 趣味&グルメ
<< うなぎ居酒屋の「心天」でうなぎ... 「ショパン」9月号に原稿が掲載 >>