東銀座「さの」はやっぱりうまい

和食で一番好きな店「さの」にまた行った。9月は「さの」から「おいしい松茸はいりましたよ」というお知らせがきたので、これははずせない!

a0041150_2153026.jpga0041150_216018.jpga0041150_2161788.jpg
もうね、誰が何と言おうとうまい!最高だね。もちろん好みもある。最初の茄子にしっかりついた味つけ。これだけでもう私は大満足。お約束の松茸の土瓶蒸し。今年は松茸がなく良いものはとても高いというお話だが、これはどう見ても上物だ。味わいもいつものようにキリッとしたセンスのある「さの」ならではのもの。うまい!そしてお刺身も。意表をついたサヨリ、柔らかさを出すために一夜寝かした白身、そして活き作りというレベルのウニと、同行した太田鮨さん曰く、絶対この値段では出せないものだという。今回は恒例の「太田会」。太田さんの「プロならではの目のつけどころ」の感想を聞いて、おいしいものがさらにおいしく感じられた。大満足の「太田会」になった。

a0041150_219154.jpga0041150_2184569.jpga0041150_2211737.jpg
a0041150_2234124.jpgウニがプリプリに活きた状態にしておくためには「ある方法があるんだ」と太田さん。太田鮨もその卓越した仕事がおいしい店!やはり特別においしいものには、ちゃんと理由と技があるんだなと、あらためて感心したね。すばらしい!

焼き物もすばらしいバランス感だ。ごぼうのパリパリがトッピングなのも驚いたが、これが絶妙。さらに驚いたのは鮭の焼き物にいくらを乗せたもの。鮭はちゃんといくらの塩味加減を考えた味つけ。鮭の焼いたのなんていつもはありふれてるから、出てくるだけでガッカリしちゃったりするんだけど、これはうまかった。揚げ物は「えび芋」にけしの実をふんだんにまぶしたもの、これだけでもうまいのに蟹のあんがたっぷりで大満足。すばらしい。

でもいつもながらさらなる一品が最後に控えている。「さの」自慢の「炊き込みご飯」は当然「松茸ごはん」なのだが、なんと「秋刀魚と松茸の」ご飯である。超うま~~~~い!一生食べていたい!!これは意表をつく組合わせながら、季節感ぴったりのコンビネーション。秋刀魚の下仕事も相当念のいったものだと思う。本当に大満足!管理人さんも大興奮!

そしてデザートは三越に行ってハリエのバームクーヘン定番!そのうち「きのこさん」のサイトにも詳しく載るでしょう!「太田会」は毎月「さの」でも良いかもね(笑)。
by masa-hilton | 2008-10-11 02:47 | 趣味&グルメ
<< 月刊「ピアノ」10月号 ミニミニひと段落! >>