グイン・ヒューズ・ジョーンズさんに会う

a0041150_9212389.jpg昨日はリハーサル。すっかり街は冬支度。こちらは頭も痛いので、厚着をすると気分が良くない。けっこう軽装で出かけて正解。しかし三鷹もきれいになったね。クリスマスの時期はこれだから好きだ。オーソドックスなアレンジの「サンタが街にやってきた」がなんとも良い感じだ。

グイン・ヒューズ・ジョーンズさんとのリハーサル。とても大きく、優しい感じの良い人だった。社長風(笑)で貫禄もある。声は太いという感じではない。テノールといってもより高さがある声だ。でも繊細な感じでもない。普通は夢見がちな表現で歌われるリストのペトラルカも、オペラのように荒々しい情熱をもって歌いたいという。私はもっとロマンティックに弾くほうが好きだけれど、荒々しく弾いて欲しいというので、完成度より情熱を大事にする弾き方に変えた。お客様からは「伴奏がこんな風に弾いていてどうだった」とかよく言われるけど、このように殆んどの場合自分の好みでやっているわけではないから、笑っちゃうというか笑うしかないよね。しかし、このように違った感覚でできることがアンサンブルの楽しみ。特に歌手はその人によって解釈が180度違うから、毎回毎回役者になったような気分で実はウキウキ。

とても良いアンサンブルだった。さすが輝かしいテノール!イタリアの歌曲は解釈もピッタリ!何の問題もない感じでさらに楽しみが膨らむ。飛行機に揺られていらして、かなりお疲れの様子だったが、「ブラボー!」ととても上機嫌で終了。こちらはその後おなかがすいて焼肉(笑)!

プログラムは以下の通り(まだ変更アリの感じ・・・・)

STRADELLA: 教会のアリア Aria di Chiesa

BELLINI:  私のフィッレの悲しげな面影 Dolente immagine di Fille mia
        喜ばせてあげてください Ma rendi pur contento
        銀色の淡い月よ Vaga luna, che inargenti
        行け、幸せなバラよ Vanne, o rosa fortunata

LISZT: ペトラルカの3つのソネット Tre sonetti di Petrarca
        1. Pace non trovo
        2. Benedetto sia 'l giorno
        3. I' vidi in terra angelici costumi

VERDI: ストルネッロ Stornello

DONAUDY:  ああ私の愛する人よ O del mio amato ben
         たぐいなく優雅な面影 Vaghissima sembianza

VERDI: 女心の歌 La Donna e Mobile (Rigoletto)

TOSTI:  悩み Tormento
      君なんかもう Non T’amo Piu
      かわいい口もと A Vucchella
      理想 Ideale
      暁は光から闇をへだて L'alba separa dalla luce l'ombra

by masa-hilton | 2008-11-30 09:27 | 日々の出来事
<< おかげ様で出足好調! 人形町的なフレンチ ガブリエルに行く >>