11月の太田会報告

11月の太田会は太田さんが「北京ダックをちゃんと食べてみたいな~」ということで、コレドの上のお気に入り「維新号(維新號)、甬江(ヨンジャン)」の「北京ダックコース」で決まり!太田さん、きのこさん、管理人さんというメンバーで始めたこのお食事会も回を重ねて、それぞれのキャラクターもはまるべき所にはまり、より楽しい会になってきている。皆さんグルメだし知識も豊富なので話題も尽きないし上品で癒しの時間だ。きのこさんと私のブログのせいで「太田鮨」のお客様の中に「太田会に入会するのはどのようにしたら良いんでしょう?」と真顔で聞かれる方が増えているんだとか(笑)。どうしたものかねぇ。

a0041150_10391829.jpga0041150_1042574.jpga0041150_10424514.jpg
さて「甬江」の北京ダックコースはいつもの通り。かに道楽のコース並みに不変のもの。ここはおいしいよ~。何がおいしいって、きっと日本人向けな味ということかな?違和感なく戴けるのが私は好きだ。現地っぽい中華屋も良いけれど、あまり薬膳ぽい物は大体好きではないし、何しろこのコレドの「甬江」はホテルのレストランのようにきれいだから、こういう味で、より落ち着くんだよね。お客さんも多い。

a0041150_10472357.jpg前菜もとてもおいしいが、細くかたいくらげが最高だ。詳しいラインアップは前回のものを見て戴ければわかるが、イカとエビの炒め物も絶妙にうまいよ。もちろん北京ダックもここのはとても好きだ。屋台に乗って登場するイベントも相変わらず楽しい(笑)。今回はスープが北京ダックのスープになった。前回ただの鴨だったはずなんだが、勘違いかな。味は今回のほうが段違いにうまいんだけど。というのも「北京ダックって主に皮を食べるけど、残りの部分はどうするの?」なんてお店の人に聞いちゃったのよ(笑)。そしたら「も・も・もちろんスープにさせていただけますし、お肉の部分も有料ですがいろいろできますが・・・・あとは・・・・まかないとか・・・・」「え?まかない?」「そうなんだ~うまいもん食べてるのね?お主は(爆笑)」みたいな空気になってしまったのだった。だから「北京ダックのスープです」と言われたときは完全に別料金を覚悟したもんね(笑)。それとやはり前回おいしかった「上海蟹」も戴いた。今回はオスということなので皆で相談したけれど、せっかくの太田会、全員ノリノリで追加注文。でも注文して良かった!!とてもうまい!すばらしかった。前回人形町の有名店「燕慶園」よりうまいと書いたがこれも全員納得。ただし誤解のないようにしたいが「燕慶園」のほうは1ぱい2000円しないから。その値段であれはおいしくお得だ。ちょうど天ぷらの「みやび」とコレドの「魚新」を比べるのと同じ。やはり「魚新」が良いけれどお昼約4000円。「みやび」は2000円弱となるとそちらを絶賛する人がいてあたり前。話は戻り、飲める人は紹興酒も何年物とかいうのを飲んでいて、さらにゴキゲン!

そして忘れてはいけない、11月の「さの」も最高だった~。今回の炊き込みご飯は「セイコ蟹のご飯」!絶叫のうまさだ!こちらも「月1回は行きましょう!」と別枠の扱い(笑)。特別のお昼のコースは流れ的にはいつもの流れ。季節のものをとりいれて絶妙な味わい。もちろん好き好きはあると思うけれど、もともと和食はあまり食べない私だから、どれほどあてになるかわからないけれど、この店は良い!和食だったら間違いなくここに行ってしまうのは何だろう?アイデアと技を作っている本人も楽しんでいるような気配だろうか?演奏家みたいだ。それを証拠に業界人や演奏家を連れていくと、やはり評判も良い。

a0041150_19274094.jpga0041150_1928781.jpga0041150_19282950.jpg

a0041150_19292639.jpga0041150_19294675.jpga0041150_1930147.jpg
いつもの流れで「揚げ物」から始まる「さの」コースは、定番通り。もちろん季節の牡蠣等の食材は変わるが。今回は後ろの3品が何とも素晴らしい。お鍋は「寒ぶりのみぞれ鍋」。実にうまい!京都の九条ネギが絶妙。お魚を食べ終わる頃には程よい脂がしみ出て、残りのつゆは飲み干したいうまさ。普通のところならこれに卵でも落とし、チョイ味付けて雑炊だろうが、「さの」だと処分されてしまうので、もう飲み干すしかないわけ(笑)!それがまたうまいんだよね。そして「焼き」は何と「あん肝」を「フォアグラのソテー」のように仕立てたもの。フォアグラとあん肝は似ているとはいうものの、これをここまで似せておいしく作ったものは食べたことがない。飛び上がるくらいうまかったなあ。大好物のものが最高の味わいで出てきたという感じ。そして前述の「セイコ蟹」のご飯は卵の部分等の微妙な味わいも織り込まれてホント絶品。幸せだね~~。このランチコースは本当にお値打ちだ。お気に入りの店は毎日でも行きたいんだけど、ガチャガチャとは行きたくない。にぎやかな宴会も大好きだけれど、親しい良い人たちとひっそり行くのが良い場所もあるよね。
by masa-hilton | 2008-12-09 02:23 | 趣味&グルメ
<< 日本橋のお洒落な蕎麦屋「むとう... ホテル・モントレー銀座のフレン... >>