日本橋のお洒落な蕎麦屋「むとう」 VS こだわりの庶民派「紅葉川」

a0041150_1502983.jpga0041150_150489.jpga0041150_151845.jpg
いかにも高級蕎麦屋という風情の店「むとう」。1度行ってみたいと思っていたのが実現。昨日海老蔵さんが「蕎麦はわさびと塩をつけて水て食べる」と言っていたが、最近は天麩羅でも焼鳥でも塩で食べるのが通のようなお洒落なような風潮だから、味覚もそれによりそう感じなのだろう。「むとう」もそういうさっぱり感のある、若い感覚の店だと思った。夜は7000円のおまかせコースのみで、昼間は普通に「天せいろ」等もある。私のように何を食べるのも絶対に「タレ」「つゆ」派には、何とも力強さに欠ける味わいに思える(笑)。蕎麦は透明感がある感じで、美しく丁寧に作られている。写真で見てもきれいな感じがする。だからやや味わいが薄い?というわけでもないが、良い意味で田舎くさいような物はない。そして天麩羅もまた季節感のある味わい豊かな素材が使われている。大盛を頼んで3000円。良い素材を使っているから仕方ないのだろうけど、量も少なく「つゆ」の好みのせいもあって、高いと感じてしまったな~(笑)。

大盛を食べたのにとても物足りず、三越の向かい側の「紅葉川」で「もり蕎麦」のはしご。こちらは高級蕎麦屋風な普通の蕎麦屋。ただし柔らかい鴨肉のお蕎麦も有名で、個人的にはボリュームのある天丼も好きだったりする。以前ここで蕎麦を食べたときにドンピシャとは思わなかったが、最近はけっこう好きだ。特に「むとう」の後だと、上品でないゆえの蕎麦の喉ごしの快感と、お江戸的なやや辛くて甘い「つゆ」がとても美味しく感じた。ここも「蕎麦は石臼で挽く全粒粉」とこだわっているが、基本的に庶民的なので(笑)こだわりも表に見えない。そこも良い。

とにかく蕎麦とかラーメンは十人十色で好みも難しい。私は(いつも言うけど)中野の「さらしな」がとても好きだなあ。
by masa-hilton | 2008-12-12 02:27 | 趣味&グルメ
<< ジュゼッピーナ・ピウンティさんに会う 11月の太田会報告 >>