初詣は浅草、浅草といえば「田佐久」

初詣をすませた。いつも2日か3日に行くので予定通り。皆様には失礼の極みだが、年賀状も第一陣も送ることが出来た。遅いけどね。すみません。

さて、初詣はいつも浅草。もうかれこれ15年近く観音様のお世話になっている。浅草に行くと大抵は「アリゾナ」か「田佐久」だ。両方とも満席でギュ~ギュ~のことも多いので、期待半分というところだ。私はそれでもどちらかといえば「田佐久」に行きたい。目立たない、それも同じような鍋料理の店が並ぶ場所にあるので見つけにくいが、私が知る限り、浅草では最高のお店だ。「あんこうの肝鍋」、ここに並ぶお店はちょっとないよなあ。ただし強烈な個性だから、嫌いな人もいるとは思う。

お店は相当古い建物だ。昔は2階に通されたこともあったが、最近は1階だけで・・・・と思っていたのは誤解で、ちゃんと今も2階で営業している(笑)。仏壇があったと記憶している場所には、このような人形群が!夜になると座敷ワラシでも出てきそうな雰囲気の素敵な風情だ。お江戸の情緒だね。この店は店構えの割には高い。しかし味からすれば納得の値段である。2人で行けば酒を飲まずに1万5千円強。酒を飲んでつまみも頼めば、軽く2万は越すかもしれないね。ふぐのヒレ酒ならぬ、あんこうのアゴ酒というのがあるんだよね。ぜひお試しあれ!

a0041150_0233240.jpga0041150_0234559.jpga0041150_0235884.jpg
まずはカワハギのお刺身!1匹買いだ。でもその価値あり!相当うまい!なかなかこれには勝てないと思うよ。肝醤油が絶品だし、言うことなし。あん肝鍋はまずは野菜が山盛りになっているが、あん肝はもう溶けてしまってドロドロしている。これがうまいのよ!ホント!そして野菜がなくなったところに現れる、コラーゲンの塊!あんこうのアラ!アラアラアラアラ!プリプリのグチュグチュ!うま~~~い!そして煮詰まって魔女のスープ並みに濃くなったところで、雑炊にする。これが最高!!前にも書いたけど何に近いかといえばカニ味噌だ。「この雑炊をおかずにしてご飯が食えるなあ」と後ろの席の若者達もノリノリ。そりゃ当然!ここは1度食べたら2度と忘れられない素晴らしい「田佐久」なのだから!

a0041150_0264359.jpga0041150_0265591.jpga0041150_027712.jpg

で、夏場はすっぽん鍋だそうな。それも凄そう(笑)。
by masa-hilton | 2009-01-03 23:57 | 趣味&グルメ
<< 初「うなぎ」はもちろん「大和田」で 謹賀新年 >>