「ほっ」と。キャンペーン

初「うなぎ」はもちろん「大和田」で

a0041150_23262477.jpg珍しく「大和田」さんが4日からスタートした。4日は日曜だから「日曜なのにあけるの?」と年末に確認したのだが、答えはイエス!ちょうど北海道のコンサートの打ち合わせをしなくてはいけないので、それじゃ「大和田のウナギ」で皆さんと楽しくやろうと計画した。

北海道の我々の恩人でもある畠山さんがいらして下さり、その畠山さんからのお願いと提案で、うちの管理人の直次郎さんがこのツアーの制作にも関わることになって、今日はその打ち合わせがメインだったのだが、赤坂さんも参加しての鰻パーティー。実は赤坂さんも大の「鰻好き」なのだ。ま、パーティーと言っても鰻屋だからね(笑)、みんなでおいしい鰻重を戴くだけなんだけど、お店のほうからも「そらまめ」とかサービスしてもらっちゃって感謝。また壁にはザ・スーパートリオのポスターも貼ってあって、「大和田」さんも私たちを応援してくれている恩人なのだ。そしてビックリのジャンボな鰻も、凄かった!不景気風を吹き飛ばしそうな勢いの存在感だったよね。全員完食!めでたしめでたし!

赤坂さんともいろいろ話したけれど、いよいよザ・スーパートリオもセカンド・ステージへ。今度は足立さんとも話して、新しいレパートリーを盛り込んだプログラムを制作。先日も演奏家仲間からも「スーパートリオ凄い!ミラクルな勢いだ!」とか誉めて頂き、とてもうれしかったが、本人達はもっとやる気!より楽しく充実したステージを作って、このユニットはかなり年齢を重ねたころまでやり続けたい。舞台をやっているといつまでも若く闘争的で、熱く生きていく気概が生まれるけれど、このスーパートリオのおかげで何か想定外!お洒落で粋なオジサマになれるような気もしてきた(爆笑)。勘違いかな?(笑)
by masa-hilton | 2009-01-04 23:44 | 日々の出来事
<< 音楽の友 1月号にインタビュー掲載 初詣は浅草、浅草といえば「田佐久」 >>