シュローダーさんに会う

a0041150_13351598.jpg写真の感じだと痩せ型かなと思ったら、大変なマッチョマンでした(笑)。元警察官という異色の経歴の人です。現役の頃には、暴れていた野生のバッファローを素手で殺したこともあるそうで(笑)。ジェームス・ボンドというよりはターミネーターでした。筋肉モリモリでも、とても穏やかで温かい、良い感じの方です。

さすがのターミネーターも昨日は昼に来日でその夜のリハーサルですから、かなりお疲れのご様子でした。リハも早々に切り上げましたので、どんな風に歌うのか、(近代曲に関しては)どんな曲なのかも良くわかりませんでしたよ、にゃはは。ま、歌手のコンサートではそんなの日常茶飯事です。今日のリハは丁寧にやるでしょうけど、本番勝負の気配ですね。

武蔵野のリハはもちろんホールでやることが多いですが、武蔵境にあるスイングホール、そして吉祥寺の武蔵野公会堂の時もあります。昨日は公会堂。公会堂は昔ながらの古いホール。特にトイレの客席からのロケーションが懐かしい感じ(笑)。地方に行けば古い感じのホールがメインホールで、リサイタルのこともしばしばですよね。ただし武蔵野公会堂は古くても、ピアノがとても良い楽器が入っています、それも2台あります。これがさすがです。このピアノならば充分にコンサートも可能ですから。こういうところに都市としての文化レベルの高さを感じますね。
by masa-hilton | 2009-01-08 13:39 | 日々の出来事
<< 新橋辺りでおなかいっぱい(笑) ペトリュス・シュローダーさんの... >>