お誕生日イベントといえば「かに瀬里奈」

仲間とワイワイやるのが好きだとは言うものの、本当は気の合う仲間と少人数での行動が楽しい。お酒もあまり飲まないので、楽しいのは良いけどうるさいのは嫌だというところだろう。12月の末はお誕生日で、毎年色々イベントをしていただくのだが、パーティーもありがたいけれど、静かな落ち着いた雰囲気の場所での会食が好きだ。

先日「あした死ぬなら何を食べたいか?」雑誌の編集者に聞かれたのだが、食べたいものは2つある。京都に行って京都の「モリタ屋」で「すきやき」、そして翌日は「かに瀬里奈」で好きなメニューを。「かに瀬里奈」は大好きだし、とてもおいしいと思うのだけれど、けっこう周りは半信半疑だったりするよね。なぜだろう?

今から10年ぐらい前、お誕生日といえばいつも「かに瀬里奈」に連れて行ってもらって、心づくしのお祝いをしてもらっていた。その時の味が忘れられないのだろう。一緒に連れて行ってくださった人が素敵だから、また特においしかったということもある。何年も続いていたのに。何かくだらない雑事に追われていたのか、最近はこういうシットリとした行事がなくなっていた。今年は運良く、どこでも好きなところへ連れて行ってもらえるイベントが(笑)!そりゃ、とてもお高くて恐縮だが「かに瀬里奈」でお祝いされるのがやっぱり嬉しい・・・・かくして静かで落ち着いた気持ちが戻ってくるような、とても良い気分を味わえる楽しいお誕生日イベントが復活!

そしてその昔「おいしい」と思ったのは幻ではなかったようだ。「瀬里奈」はしゃぶしゃぶの店だが「かに瀬里奈」、それも六本木のお店は「かにしゃぶ」と「石焼ステーキ」がメイン。だから「かにしゃぶ」のコースに「石焼ステーキ」を追加するのが定番なのだが、「石焼ステーキ」だけでも1万円するんだよね~。まあ、でもそれだけのことはあるお味だし、絶対に外せない。

a0041150_2193723.jpga0041150_2201381.jpga0041150_2203031.jpg
a0041150_22145100.jpga0041150_222870.jpga0041150_222283.jpg
a0041150_224863.jpga0041150_2243333.jpgまずは大嫌いな「ゴマ豆腐」がうまい(笑)。つまり普段出てくるゴマ豆腐が、単にまずいだけと教えてくれている。しろ海老との相性も良い。刺身はうまくてあたり前だが、分厚い西京焼のおいしいの何のって!ずっと食べていたいような抜群の味と焼き加減で絶品。ウニの風味の茶碗蒸は、溢れるばかりの「たらの白子」入りで最高!牡蠣バターもおいしかったけど、ふぐの握りもオツだった。「毛がに」はおいしい「かにみそ」をふんだんに戴くためのもの。これがそこら辺の「みそ」とは違う。これだったら「あなたたちとは違うんです!」と言われても納得しちゃう(笑)。ここまででも充分素晴らしいが、メインの「カニしゃぶ」に。ただでさえ贅沢なメニューなのだが、カニはさらに太い足のカニに交換できるのだ。それじゃ!って太くすると5000円の差額が発生する(笑)。悩ましいよね~。

ここは1人前だけ太くして、違いを味わってみようということになった。期待は膨らむ!で、結論を言っちゃうと、私が思うに味的には細いのでも充分かな(笑)。やわらかく、甘くまろやかな味わい深い最高のカニだね。おいしくて泣けちゃう!北海道に行けばそんなのいつでも食べられぞ!というのはどうかな?とても品良く芳醇な味わいは、いくら素材が凄くても簡単には出せない感じがする。「しゃぶしゃぶ」は野菜やお餅も入れて、お鍋状態。おなかいっぱいだけど、ここからが勝負!「石焼ステーキ」が追加で来るんだから!

a0041150_240921.jpga0041150_2563313.jpga0041150_2573996.jpg
a0041150_301018.jpga0041150_303097.jpga0041150_304813.jpg
この「石焼ステーキ」は別格にうまい。何でこんなにうまいのだろう?というレヴェルだ。鉄板焼ももちろんおいしいけれど、石だと脂が溜まらない。すっきりと焼き上がるわけだね。もちろん肉が上質なのは言うまでもない。そして「つけダレ」が何と言っても素晴らしい。私は普段「塩ダレ」は絶対に食べないのだけれど、ここのはよそとは全然違う複雑なおいしさがあって大好き。幸せな味だ。最高の晩餐!10年前の時より、もっともっとありがたみもわかるし。そしてやはりおいしかった。

a0041150_391717.jpga0041150_392213.jpg誕生会といえば、12月の太田会はきのこさんは帰省だったので、ミニ太田会になってしまったのだが、私の誕生日ということで、太田さんや直次郎さんにすっかりご馳走になってしまってヤバイ。ご馳走になるつもりはなかったので、高いワインをガンガン飲んでいたりしていて申し訳なかった。場所は「パリの朝市」。私にとってはいつものお店のいつものメニュー。このブログでも何回か紹介したコースだ。最近フロアの人が辞めてしまって寂しいが、お料理は健在。今回は「お魚のパイ包み・サフラン・ソース」が大変おいしく戴いた。苦手のサフラン・ソースも「パリの朝市」なら大丈夫。絶品のコンソメ・スープも健在で満足!デザートには私へのメッセージも書いていただいて感謝感激。さらに資生堂パーラーにはしごして、プリンも食べちゃった。おいしいよね!ってほとんど子供だ~ああ、50歳。
by masa-hilton | 2009-01-14 03:34 | 趣味&グルメ
<< 「ビストロ・トカチ」の2回目は... 新橋辺りでおなかいっぱい(笑) >>