アダミさん無事終了!ありがとうございました

フィリッポ・アダミさんは約2時間前に楽屋に入り、ずっと楽屋でハイトーンを張り上げていました(笑)。若いってことは凄いことですね。すばらしい。現在28歳・・・・私には息子みたいな年齢。今回は楽譜の到着も遅かったり、ゲネプロの時間が制限されていたりとリスクもありましたが、お客様の1曲目からのブラボーに支えられて大いに盛り上がりました。本当に心から感謝いたしております。ありがとうございました。

笑い話といいますか、大したことではないのですが、私は前日に頭痛に見舞われマッサージ等で対応したのですが、治ることなく本番になってしまいました。でも30年もやっていますと人には言わないけれど、風邪ひき、発熱、腰痛に始まり、父が逝った日もコンサートだったし・・・・と色々なことがあります。もちろんコンディションが悪いのは良いことではないけれど、それが悪い結果をもたらすというものでもありません。すべてが整っていたからといって成功が約束されているわけでもないわけです。頭痛等になってしまっても粛々と対応するだけなのですが、とても重要なことは「本番前に薬を飲んだほうが良いかどうか?」ということです。ここで笑い話の登場です。昨日の場合は、いつもなら「薬を飲む」レベルだったと思うのですが、ふと頭をよぎったのはヨレヨレになった中川大臣のこと(笑)。さすがに市販薬でああはならないでしょうけど(笑)。緊張感とコントロールはやや失われるので、柵を超えるぐらいはするかもしれませんが(笑)・・・・というわけで我慢しちゃいました~。あはは。無事終了しアダミさんからも最高に喜んでいただき、ひと安心です。今日は目覚めも爽快に!引き続きがんばります!
by masa-hilton | 2009-02-23 10:26 | 日々の出来事
<< 2月の「さの」は春便り 3月16日は水天宮ロイヤルパー... >>