2月の「さの」は春便り

和食で1番気に入っているといって良い東銀座の「さの」。特に月代わりの「かまどご飯」がとても楽しみなのだ。先日はお昼なのに店を閉めていたので、不況のあおりを受けているのかなあと心配したが、無事営業していた。良かった良かった。今日もお客様も別に我々だけってワケじゃないし、多くのファンを持っているお店だからね、心配して損した。ただ不思議なことに、マズイお店から閉店していくのではなく、日本橋でも老舗の「井泉」が閉めてしまったりと、思わぬところがやめてしまうのでね。ちょっと気になった。

2月の「さの」のメニューは、すでに「春」のメニューだ。技が立つ、あいかわらず冴えた腕を感じさせるラインアップに、驚くほどおいしいものがアクセントのように配置されてとても満足のいくコースだった。まずはカニや鳥貝、貝柱ををあしらった贅沢な菜の花のおしたし(江戸流の発音、本当はおひたし)、白子と特別にうまい生麩を豆の緑のすり流しに浮かべたお椀、刺身ももちろんうまいがサヨリが絶品だった。今回の1番は焼き物。「ムツ」の焼き物はシンプルでいながら下味の絶妙なつけ方が大好きだ。添えられた「きびなご」もうれしいし、ユリネとセリをあえた味噌で焼いたハマグリがうまい!酒蒸でたべる30倍ぐらいおいしいね。炊き合わせは「えびいも」に「たこ」や「うど」。そしてお待ちかね今月のご飯は「鯛と筍」だ。相変わらず超うまい!このご飯を楽しみに毎月通っている。とにかく筍の厚さがすばらしい。よそだと結構分厚いし量も無神経だったりする。「さの」はさすがだ!香りすぎず邪魔しない微妙な量での筍が、鯛を見事に引き立てていた。来月も必ず行くぞ~~。

a0041150_9162958.jpga0041150_9165644.jpga0041150_917815.jpg

a0041150_9192760.jpga0041150_9194121.jpga0041150_9195543.jpg
by masa-hilton | 2009-02-24 09:23 | 趣味&グルメ
<< 本日は「ル・ブション」と「大和... アダミさん無事終了!ありがとう... >>