テッポネンさんに会う

マルユッカ・テッポネンさんと会ってきました。黒髪で色が白く、ソプラノ歌手には珍しくミニスカート姿!!バッチリ決まってかわいらしい。艶気があってチャーミングというよりは、賢くて活動的なサッパリした感じの女性です。聞いていたようにとても感じの良い方でした。

声の感じは、繊細な表現がうまく複雑な色合いがある感じで美しい。イタリア人のように開けっぴろげではなく、日本人が大好きな黒人のソプラノのような練れた美しさがありました。コロラトゥーラということですが、むしろ長いブレスを使える曲、ラフマニノフの歌曲の恍惚の表現がすばらしいですね。

合わせは何の問題もなく楽しくサラッと終わりました。クーラの曲が初めてなんだそうで、何とも面白いです。自国フィンランドの方が初めてで、日本人の私が数えきれないくらい弾いているんですから(笑)。

プログラムは以下の通り、けっこう盛りだくさんですね。本番が楽しみです。

●プログラム

ヴェルディ:
ああ、そはかの人か…花から花へ(椿姫) 

グノー:
私は夢に生きたい(ロミオとジュリエット)

ゴトーニ:
なんと美しい僕の恋人
ヒル・ヒル
羊飼いの奏者
夏の夜のうたかたの恋
恋人よ来ておくれ

クーラ:
月夜の舟旅
夏の夜、教会の庭で
炎を見つめて

ラフマニノフ:
リラの花
私は預言者ではない
私の窓辺に
美しい人よ、私のために歌わないで

ベッリーニ:
ああ幾たびか(カプレッティとモンテッキ)

J・シュトラウス:
侯爵様、あなたのようなお方は(こうもり)

by masa-hilton | 2009-04-15 03:51 | 日々の出来事
<< テッポネンさんのコンサート無事終了 マルユッカ・テッポネンさんのリ... >>